11月
19
2005
0

ネットからいろいろなモノが

今日はインターネットテレビのサイラボの原稿まとめだ。
とはいえ、前日は1日費やして、収録の当日朝4時だけれど、まだまとまっていない。

サイラボで話すネタは収録の数日前には、ほとんど決まる。でも収録の直前まで、ネタを差し替えたり新しい情報を載せる。しかし、それが放送されるのはちょっと時間が経ってしまうので、ネタに新鮮さはない。

そこが悩みなんだけれどしょうがない。本当はプロジェクターを使ったり、アニメーションを使ったりして、華々しくプレゼンをしたいが、そこまでの余裕はない。

結局、いつものようになってしまう。

でも一番の問題は、ネットで調べていると次から次へと面白いものが出てくることなんだ。

・サイラボネタで、「量子コンピューター」を扱うべきかどうか検討する。
しかし、まだ実験段階でモノがない。説明が難しい。量子物理学を許さんと一石ぶってもいいけれど、かなり脱線しそう。やめとこう。

・Googleについて調べる。
地図も電卓機能もおもしろい。その他いろいろなサービス、はまってしまった。

・楽天のポイントを1000点ぐらい得る方法をみつける
いろいろなポイントゲットをするけれど、欲しいものが見つからない。ワコールの下着が1つ98円で売っているけれど、女房に50着ぐらい買う?と聞く。女房は「花より男子」のテレビドラマを見ながら返事は「要らない」。買うものないじゃない。

・続けて「恋するハニカミ」という番組で、酒井彩名さんがいいデートをしていた。一緒に妻と見ていると、私に絡み付いてきた。おぉ、結婚12年目まだまだ。夫婦の気分は、ちょっと太目の海東健と酒井彩名。

・「Winnyの技術」という本が47氏こと裁判係争中の金子さんより出ている。そのため、某所よりwinnyを探して、起動した。なかなかこの本が見つからない。そのうち、某国のサイトにあることが判明。そこからダウンロードした。

・MSN Messengerから広告を消す方法をみつける。ある人がパッチプログラムを用意してくれたので、それを当てて、見事広告が消えた。

・家に届いたSoftware Design12月号が、”Ruby on Rails”の特集。
おもしろくて、読み始めたらついつい2時間。まだ読みきっていないのに、時間がどんどん経っていく。
“Ruby on Rails”っていうのは、Webシステムをつくる生産性の高い方法です。

まあこんな感じで、あっという間に時間は過ぎていく(準備以外もあるけれど)。
英語のサイトも見たら、時間はさらに3倍必要となる。

お金を稼がなくてもいいんだったら、いくらでもやることあるのに。
短い時間で稼げる方法を考えるのならば、どうすればいいんだろうか?

——————————————————————————
ここからはたわごとです。

世の中バーチャルなことが多い。衣食住で直接触れるもの以外は、バーチャルでないかい?
お金だって、紙幣やコインはあるが、それ自身は何の役も立たない。銀行口座やカードだって、バーチャル。このWebやメールだって、バーチャル。テレビゲームもバーチャル。
仕事の内容もバーチャル。

バーチャルな世界で働くんだったら、バーチャルな報酬をもらう方が理にかなっているかな?はてなポイントや楽天ポイント、銀行口座でもいい。それらが、現金になったときまだまだバーチャルで、その現金でモノが買えたとき、初めてリアルになるかな。

こうやって意識している人間はリアルな衣食住がないと生きていけないけれど、バーチャルな世界はそんなものはいらん。電力さえあればいいかな。でも情報には本当は電力はいらない。コンピューターで流れる電力は、熱か光や音のエネルギーに消えるだけで、情報で消化されるものはないから。

話が複雑になって、眠くなったから、またね。

10月
22
2005
0

私の試行錯誤のコンサルティング

2週間で印刷業界のコンサルティングは終了しました。
新しいシステムの形が固まってきました。そしておそらく来年3月には始まると思
います。小さなシステムですが、うまくいくことを祈っています。

私がシステムをつくるときは、たぶん自分独自の方法でやっていると思います。決
断するべきところは決断しますが、多くはお客さんの状況を見ながら判断していき
ます。まずきちんと動かさなくてはいけないところは動かす、そしてその上でお客
さんがシステムと関わる部分で無理な作りこみはせず、手間のかかる操作を楽にす
るようなしくみにするように努力します。

それが通常のシステムだと、絵の描いた餅をつくるために設計して、きちんと動く
ように作ります。そして使い勝手については、ほとんど考慮されません。

家の建築でいえば、普通の建築はモデルハウスを見て想像していただいたところで、
設計図をつくり多少の修正を加えます。そして、家を作って納品します。

私の場合は、まず最低限に必要な間取り、部屋のスペース、キッチン、トイレ、風
呂の場所の確保と基礎を作ります。そして、家具などを入れながら、ときには棚を
つくったりキッチンやトイレ、風呂の種類を家具に合わせて用意していく感じにな
るでしょうか?

メーカーの作ったキッチンよりも、高いものになるかもしれません。そして、見た
目がよくなくて、機能も比較すると少ないかもしれません。でも、台所で使用する
ものとしては必要条件は全て備えた上で、お客さんにぴったりあったものを作って
いくということになると思います。

こうすると毎回違うものをつくることになり、大きなものをつくることはできない
でしょうね。

この方法がいいか悪いかわかりませんが、私のやり方です。

残念ですが、諸事情によりいまの印刷会社のコンサルティングを離れることになり
ました。来週から、次の新しい仕事を模索しないといけないと思っています。ふっ
と仕事をもらって、いつの間にか社員の心理状況になっていました。やはり自分で
仕事を探していかねばと思います。

仕事はなくても、学びたいことが山のようにあります。たぶん、それをしていくと
思います。”Ruby on Rails”やDrools、その他諸々。時間が全然足りません。

でも家族がいるので、お金を稼がなくちゃ...