10月
20
2008
0

逆ピラミッド

ビジネス勉強会へ行ってきた。

ビジネスのあり方や会社の組織は、百社があったら百通りあってもよく、それぞれが正しい。そのビジネスが正しいかどうかは市場が判断するものだと思う。決して個人であの会社のやり方は間違っているとかいえないと考えている。

ただ、会社のやり方というのはどうしても社長の一人合点になりがちである。
会社がうまくいっていれば社長のやり方は正しいということになるし、うまくいかなければやっぱり間違っていたんだという結果だけに終わる。

ではどうすればよかったのか?ということを考えれば、もっと成長が見込めたかもしれないし、失敗しなくても済んだかもしれない。

そういう意味で勉強会というのでビジネスのやり方について議論ができるというのは非常に有意義だと思う。最終的には社長はトップであり全責任を負うことになる。例え経営陣がいろいろ言っても最終決定の責任は社長が負うことになる。だから、社長は孤独もあるが、そこまでいくにはまだいろいろ猶予の余地があるのではないかとも思います。

社長の方針でうまくいっているうちはいいけれど、そのうち環境に合わなくなると、会社は市場から追い出されることになる。

そんな事例をたくさん見てきたし、自分自身もそういうところがあったかもしれない。

将来、私が事業を起こしたときにもここで議論したことは役立つと思う。
社員の立場でも経営について触れるということは大切なことだと思う。社員一人一人が経営感覚を持っていれば、それぞれが経営者として分裂してしまうというリスクもあるかもしれないが、会社の活性化という点では非常にメリットがあると思う。

また本音と本音がぶつかることで新しい展望が開けると思う。同じ会社の中ではいいづらいことでも別のものだったらいいやすい。そもそも社外取締役というのは利害関係のない者が言える場だが、なかなか思うような機能はしていなかったりする。

リスクを負わない場合は、リスクを負わない発言になりがちでもあるということに注意をしなくてもいけないけれど。
そのあたりの線引きやバランスの取りようが大切になってくるんだと思う。

本日のテーマの一つが、社員のキャリアアップということだった。

社員のキャリアアップを考えるということは、規模が小さいときでは「自分が持っているものを教えればいいや」とぐらいしか思っていなかったけれど、社員が増えていけば考えなくてはいけないことだと思う。

人生の一時期をその会社で過ごすことになるので、定年まで一緒にやっていくことはもちろん、新卒で入社、あるいは転職で入社していただいた人材にとって、一緒に働けてよかったという結果を残したい。たとえ途中で辞めていく人にとっても、一瞬でも仕事をしてよかったなという気持ちで辞めてもらいたいというのが本心だと思う。

私は経営者からの経験は少ないのだが、社員としての立場ではいくつかの会社でそんなキャリアプランの話を聞いた。ただ実際のところ大まかなプランはあるものの、具体性にかけるのが多いのが実情ではなかろうか。

すでに個人の就業期間=40年よりも、会社の寿命の方が短いという意味もあるし、世の中の実情に合わせていくには難しい。

経営の立場から見えれば、キャリアアップの話は個人の報酬と密接な関係がある。
サラリーマンにとっての報酬を判断するというのは難しいことだ。営業マンならば売上高を基準にしたもので判断しやすいが、複数の人が絡んだプロジェクトで誰がどれだけの貢献をしたかというのはわかりづらい。ましてや中間管理職や総務的な仕事はもっとわからない。

それを評価するのが、この個人の評価。
この個人の評価のベースとなるのが、キャリアプランに基づく指標だったりする。
経営者の本音は売上高や利益とリンクさせたいのが、個人から見ると「これだけがんばったのだから相応に評価して欲しい」という見方もあるので、いつもそこはぶつかってしまう。

上司だけでなく、部下や、同僚、顧客など多面的に評価する、マルチスコアカードというのもあるので、より個人を客観的に評価できるかもしれない。しかし優劣の差であるので個人を完璧に評価するのは難しいだろうと思う。それにマルチスコアカードはコストもかかる。

小組織で、売上げ・利益、将来への投資などいろいろな基準を設け、評価が始まる年度の前に評価の基準を徹底して、年度が終わったときに上司と個人の間で評価を決めるのが良いと思う。また基準も年々変えていくべきだと思う。また、評価を市場価格を考慮するというのも大切なことだと思う。

抽象的にはこんな感じだが、具体的にはさらに各論があると思うので、ここでは話をとどめる。

実際のところ、個人年金の401Kのように個人でキャリアアップを考えていくのが現実ではないかと思う。しかし会社として、相応の対応をするというのは魅力のある会社の要素であることは間違いない。

勉強の場ではとりあげなかったが、キャリアアップに関して机上の議論ではなく現実的に合うようにするべきだと考える。

私は会社の組織というのは、逆ピラミッド構造であるべきと考えている。

会社の存在はお客さまあってのことであり、社員が全面にお客さんに対することが大事だと思う。

管理職や経営陣は、社員が働きやすいようにバックアップするものである。
だから、管理職や経営陣が社員を偉そうに足で使ってはいけない。
社員の就業基準は顧客重視。顧客からお金をいただけるような仕事をしなくてはいけない。

管理職は社員が働きやすいような環境を用意する。そして目指すのは自分自身がいなくてもすむようにすること。管理職という言葉は本当はよくなくて、AdministratorというよりもManagerであるべきだと思う。つまり人や仕事を管理するのではなくて、組織運営をいかにうまく動かすかということである。

経営陣は、管理職でもあるが、株主や市場、顧客を含めた外部環境との接点でもある。他の会社、銀行、役所などとの接点の調整を含めつつ、会社全体の進路をバックで支えるという役割を演じる。

それぞれのポジションは全く異なる要素が必要となることを注視しなくてはならない。

通常のピラミッド型の上意下達システムは、これまで何世紀の間うまく機能していた。それは大きな組織では情報が伝わりにくかったという側面もあったし、社会の変化の度合いが低かったからだと思う。

株の動きを見ても感じるのだが、株の上下の変化は昔と変わらなくても変化の動きが激しい。かつて5年規模の変化が1年規模、数か月規模で動く。

IT業界も、1年で経営環境はがらっと変わるし、3か月ごとに変えていかなくてはいけない。株式会社は1年ごとの決算だが、本当は3か月ごとに決算をして、株主総会をやるべきだと思うぐらい変わっている。ただ、あまり頻繁にやるのは現状の法制度が複雑すぎて、コストや手間がかかってしまうからやりづらいからである。

この逆ピラミッド構造という会社組織ならば、個人のキャリアアップも自然と見えてくる。ずっと一生涯社員として、力を蓄えいて一線で働いていくという見方もできる。

それとも管理職としてそれをバックアップする。それでいながら他の職場や社内組織と連携していくという道もある。

もっと大変な会社全体のリスクを負うという方向もある。

会社の仕事の内容としてはそれぞれが全く性格が異なるのは歴然とする。
IT産業の場合は、プログラマーやSEやデザイナーという職種が全面に出るのは間違いない。管理職はそういった機能的な仕事もあるけれど、マネージャーという仕事が重視される。プログラムを作るのはあきらめなくてはいけなくなる。

経営陣は、IT産業ということではなく、会社の運営そのものが仕事になる。
流通業、製造業、それぞれ事業の差はあるけれど、経営ということにあまり差はない。持っているリソースをいかにうまく有効活用して、いかに利益を上げるかが一番大切なことだ。事業に対する深い理解以上に、経営そのものの専門性が重要となる。業界に対する深い理解と指導力があれば、さらにその事業ドメインのリーダーになるような素質も出てくるかもしれない。

勉強会に出て、通常使っていない頭の筋肉を動かすことができた。
それで会社の組織とキャリアアップということについて考え直すことがで来たことに感謝している。

また同時に、なぜこのベンチャー企業はここまで成長して、自分の事業が失敗したのかまた別の視点で考えることもできた。これはまた次の機会に書こうと思います。

勉強会は、私がしゃべったことが多かったのでちょっと反省しているけれど、また嫌われなければ出席させていただこうと思います。

ありがとうございました。
(ビジネス勉強会とその前のセールス勉強会がまぜこぜになっていますが、営業こそがビジネスの根源だと思っていますので、私の中ではビジネスに混ざっています)

10月
17
2008
0

良かった、良かった

とりあえず、

「良かった、良かった」

今日も激しく株が下がって損をしたんですが、「良かった、良かった」と口に出して言いました。

なんかショッキングなことがあったら、転換期だと思ってポジティブに考えましょう。どうせなんとかなるのですから。

そういえば、ガリバーの社長が同じことを言っていました。
http://plaza.rakuten.co.jp/solis/diary/20080715/

株価の下落で、これまでの延長線上のやりかたではだめで、大きく変えないといけませんね。

これまでRubyばかりやっていてのほほんとしてきましたが、C/C++もJavaもやりますよん。場合によってはアセンブリでもCOBOLでも。

C++を始めた先週頃は頭がはちきれそうな思いでした。高校の時に1日で英単語を100覚えるような感じです。C++の文法や変数の名前がちんぷんかんぷんで、わからない経典を読むような思いでしたが、少しずつわかってくると落ち着いてきました。C++は直接OSやハードを叩けるのでおもしろいところがあります。

公開しているソースも、RubyではなくてC++やC#、Javaというのも増えるかもしれませんね。

話は戻って、「良かった、良かった」ですが、「夢みる象」でも同じことを言っていました。いやこれは「自己啓発」をパロディにするなんて、おもしろい発想の小説でありドラマですね。

とりあえず、「良かった、良かった」と口にします。
するとそれが全身に伝わり、頭の中で覆っていたもやが薄くなっていきます。
何度も言うと、辛いことはとりあえず頭の中から消えそうです。

過去に失敗したかなということや道を踏み外したことも、
「良かった、良かった。」といって総括することもできますよん。

「良かった、良かった、報酬の高く将来性のあるアクセンチュアを辞めて」
 ??学業の道へ行くことができましたから

「良かった、良かった、学業を途中でやめてフィリピン人と結婚して」
 ??美しい女性と結婚して、かわいい2人の子どもを授かったんですから

「良かった、良かった、安定した仕事を辞めて」
 ??ベンチャー企業にチャレンジすることできたんですから

「良かった、良かった、ベンチャー企業がリストラして」
 ??会社が大変な状況になるということを体験でき、それに対処する経験も積んだから

「良かった、良かった、息子が発達障碍になって」
 ??そのおかげで東京の仕事を辞めて家族一緒に住むことができたんですから

「良かった、良かった、ベンチャー企業を辞めて」
 ??独立というのを体験して、じっくりビジネスについて考える機会が持てたんですから

「良かった、良かった、独立がうまくいかなくて」
 ??一人合点でなく、一緒に働くということができたんですから

「良かった、良かった、株が下がって」
 ??株や投資というものについて深く学ぶ機会を持つことができました。また本業を深く学ぶ機会が持てました。

頭を使ってする仕事は元手がほとんどかからないので、これからは本業をまじめに取り組もうかな。もう何でもやりますよん。

9月
21
2008
0

ベンチャー企業をのぞいてみた

他のベンチャー企業の勉強会へ参加してきました。

名古屋で一番元気のあるベンチャー企業といわれる、株式会社エクスブリッジさんです。
http://exbridge.jp/

最初におことわりしておきますが勉強会以上の主旨はありません。

あくまでも営業の勉強会と経営の勉強会です。

曖昧な一般論ではなく、エクスブリッジさん自身を事例として現段階の状況や課題などを率直に話していただきました。お話を聞いていていろいろと考える部分があったりして、勉強になりました。

このところ年をとってきて、ついこの前までコンピューターのシステムしか、それも先端的なシステムしか興味がなかったのですが、いまは組織のシステムに興味が出てきて最近はそればっかりです。

最初に入ったベンチャー企業のこと、一人で始めたときのこと、いろいろ思い浮かべながら、聞いておりました。また未踏のときにお世話になった社長や過去にお会いした方々、起業に関しての何十冊の本も思い浮かびました。

・創業時のこと
・少し成長した状態のこと
・事業ドメイン
・経営の考え方
・銀行など会社をとりまく方々との関連

共通点もあれば、相違点もあります。
どの選択をしても間違いではないし、たとえ間違いを犯してもその反省が生きることもあります。

具体的な勉強については触れないでおこうと思います。
たぶん社長の小嶋さんらがブログでまとめてくれるでしょう。

一点だけ、IT関連の上場企業を株の時価総額、営業利益、業態で分析しているのは面白い視点で目が覚めました。
パッケージソフトを作っている会社はROIが多く、派遣主体の会社は低いです。派遣社員は社員が辞めたら資産価値はありませんが、パッケージという売り物を持っているのは高く評価するんだなと、いまの時勢でしょうか。技術を売り物にしている会社は、意外でしたが低いです。

技術が高くても、アウトプットを出していないからでしょうか?
Googleはどうか?と思ったのですが、あそこまでの技術力はないんでしょうね。きっと。

つまらない結論ではありますが、「ん?仲間っていいですよね。」
社長は責任を最後まで背負うので最後まで孤独ですが、それでも一緒にできるのは一番いいです。

それが自分にとって一番間違いを犯したことだと思います。