3月
31
2019
0

銀婚式を迎えた

3/27で結婚が25年経ちました。

結婚25年で銀婚式、50年で金婚式、60年でダイヤモンド婚式というそうな。
離婚率が40%なので、そんなに年を重ねていくことは化石なんだろうか。

自分の両親も結婚25年そして50年経っていて、長いなぁという感慨と自然なことだと感じる。しかし自分が25年経ったというのは、すごくいろいろなことがあったと思う。

結婚生活を長く続くことができたのは、妻のおかげだと思う。飽きっぽくて恒に新しいもの面白いものを望んでいる性分を、それ以上に新鮮なものを提供してくれている。

結婚するまで40カ国以上海外へ行って、面白い体験をし続けていた。結婚してからは妻のことを知ることが異文化で、新しい発見やドギマギ感を与え続けてくれている。そのおかげで家族をおいて旅行に行こうということはなかった(正直言えば、南米やインドに行きたいという気持ちがあったが、家族のことでお金がかかるので資金的時間的余裕もなくなってしまった)

結婚生活が長くなるとともに、いつの間にか自分も54歳になり、妻も48歳と年をとっていた。年をとると、体力、気力、精力、知力のいづれも衰えてくるのであるが、それなりに前向きに生きていきたいと思っている。

12月
13
2014
0

現代版ミッドナイト・エキスプレス

ミッドナイト・エキスプレスという映画があった。
海外旅行をしていたときに「この映画だけはみておけ」とよく言われたものだ。

この映画を日本に帰ってきて見たのだが、海外旅行が怖くなった。
トルコで麻薬所持で、服役する話である。
アメリカや日本、ヨーロッパの刑務所と違う、廃墟の巣窟という感じである。

現代版ミッドナイト・エキスプレスというのを見つけた。

地球の不運な歩き方 ハリウッドから地獄へ 【字】
http://video.fc2.com/content/20140307nwxPZ1LH/

おぉ、怖い。
普通の生活が幸せと感じることができる。

8月
10
2014
0

女性の旅行記を2冊読んだ

近々、海外旅行行くことになったので、気持ちを海外に合わせなくては思い旅行記を読みました。
短期だし、ヘビーじゃないほうがいいと思い、女性のもの。

だけどこの2冊読んだけれど、ヘビーでした。

世界中で危ない目に遭ってきました

ブラを捨てて旅に出よう

こんな旅行するのは、男ばかりだと思ったのに、今は女性でもこういう旅行をするんだとびっくり。
勇ましいヨーロッパの女性に会いましたが、トラブルに合わないように2人で旅行したり、どんな仲かわかりませんが旅行中に知り合ってカップルになって旅行している人にも合いました。
本に出てくる写真を見ると、カワイイ感じの女性です。海外でいろいろな痴漢やレイプなどのトラブルもあるのではと思います。と思ったら、旅行記の中でそんなトラブルに遭っていました。

彼女たちがぶらりといろいろな国に行って、いろいろなものを見たり聞いたり、五感で味わいたいという気持ちが伝わってきます。日本とは違って、全てのものが刺激的で楽しいものです。本を呼んで伝わってきました。行ったことのない国も、行った気になりました。

でも、トラブルが未遂に終わってよかった。また殺されていなくてよかったと思います。
旅行している時に裸にされて、そのまま山や林の中へ転がされていたりすると、日本のように熱心に探すわけではないので身元不明で処理されるのではないかと思います。

宿や大使館などに、どれだけ「この人知りませんか?」という案内があることか。
現地の人ならば、身内も警察もそれなりに探しますが、ぶらりときた外国人は誰も詳しいことは知りませんので、外国人とも知らず身元不明となって処理されるのではと思います。

国によっては、行き倒れや乞食など身元不明も多いのですから。