11月
22
2013

[本]海賊と呼ばれた男


出光佐三という、出光興産創業者の伝記である。

出光という会社はガソリンスタンドのことぐらいしか知らなかった。ただ昔住んでいたところから車で10分ぐらいのところに石油精製工場があったことは覚えている。そういえば、中学校の時の彼女のお父さんは出光に勤めていたかな。
大学生になって、労働組合のない珍しい会社ということも聞いていたことぐらいかな。
だけど、その創業者がこの本に出てくるすごい人だとは、本を読むまで知らなかった。

小説の中ではあえて偽名にしているのは、会話などや具体的なところは作家の想像しているところであって本当のところではないという遠慮だからであろうか。でも、誇張も不足もない表現は、主人公を活き活きとさせ真実味が高く感じる。

戦前戦後を通して、出光興産はこんなにも倒産の危機を乗り越えてきたのかと驚く。
いつ潰れてもおかしくない状態がなんども続いたのにそれらを乗り越えてきたのは、社員の総力による力か、それとも天命なんだろうか。
同じような会社で、潰れてしまった会社がどれだけあるかわからないが、生き残ったのは稀有な存在なんだろう。
きっと社員の総力というのが、生き残るための必要条件であって、十分条件ではないのだろう。

タイトルになっている、海賊と呼ばれたくだり。
若い頃は、悪いことをしたのかな。それとも法律すれすれのことでもしたのかなと思ったが、いい意味で裏切られた。

彼は、少年ジャンプのヒーローのようだ。
障害が現れる。叩きのめされそうになるが、必死の状態でなんとか打ち勝つ。また次にさらに巨大な障害が現れる。それもなんとか打ち勝つ。そしてさらに次の障害が現れる。自分だったら最初の障害でタジタジなんだろう。

耐えて障害を乗り越えていくこと。これが新しい道を切り開いていくことにほかならない。
志があればそれに向かっていく仲間が現れる。自分に限界があっても仲間が代わりに助けてくれる。仲間が厳しい時は仲間を助ける。

ワンピースのようだなー。
現実にそんな人がいて、それを知らなかったのは残念だ。
きっと世の中にはそんな人がたくさんいるんだろうなぁ。

最後に、永遠の0の主人公がチラっと出てくるのは、作者のウィットだねぇ。

Written by in: |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed