3月
13
2013

感謝の言葉を忘れる

昨日、仕事場の方で誕生日を祝ってくれた。
私の誕生日はもうちょっと先の日だが、同僚が誕生日だった。

軽く「ありがとうございます」と言ったつもりだったが、あとで感想を述べる機会が与えられてこのところ思っていることを簡単に述べた。「最近若い人がいるところに出かけることが多いが、自分も若いつもりでいるけれど、鏡を見ると『おっさん』が一人映っているんだよね」というようなことだ。

でも感想を述べる前にひと言「今回は私たちのためにこのような催しを企画してくださり、また参加してくださりましてありがとうございました」と感謝を述べるべきだった。

日頃、感謝を言葉に出すようにしているし、そのような言葉を聞いてはっと気づいて、温かい人だなと思うことが多い。日頃思っていても、口に出さないと伝わらないことが多い。また最近は悩むことが多くて、感謝を伝える余裕もないのかも。

これからは気をつけよう。
歳をとっても気を付けなくてはいけないことが多い。何も変わらないものだな。

Written by in: 勝手な言い草 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed