1月
06
2013

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

しばらく、ブログを書く気分になれなくて書いていませんでしたので、久しぶりのブログです。
みなさまは、良いお年をお迎えすることができましたでしょうか?

Twitterには気になったことを引用したり、戯言を書いています。Facebookは妻がフィリピンにいる親戚とつながっており、私もそれにつながっています。他に昔の仕事友だちなども関係していて、ついついそちらに流れていました。

ブログというのは、積極的に発信したいという気持ちが起きないとなかなかできないものですね。
積極的でない場合は、自己満足だけのものとなってしまうかもしれません。
誰も読まないかもしれない、検索したらたまたま見つかったという傾向の強いものだと思います。

ここ数年ですが、自分の価値観が変わってきたように思います。
自分のために自分が生きたり仕事をしているという感じがしない。
家族のためや仕事の仲間のために働いている、それは悪くないことですが、存在意義が薄れているとも感じます。

一方で、自分の周辺が不安定さがあることを感じています。
まずは子どもの教育と将来のこと。
娘は来年大学受験で、息子は高校受験を迎えます。
娘も息子も自我がありますので、自分の思うようになりません。
我が家の経済状況から、2人とも私立に行かせるお金はないので、国公立を目指してもらいます。
2人ともそれのプレッシャーで大変だと思いますが、娘はなんとか行けそうな気がしますが、100%というわけではないし努力を怠らず頑張って欲しいです。
一方、息子の方は、勉強にヤル気がなく、いまのままでは高校への進学も危ういところです。
息子が勉強にヤル気にさせていい方向にいかせたいと思い、冬休みは息子につきっきりで家庭教師をしていました。

また実家の父は75歳と若いのですが、事故の後遺症のせいもありここ1,2年すっかり痴呆が進んでしまいました。
知能程度は2〜3歳。息子や娘の名前どころか、母の名前や自分の名前もわからなくなりました。
要介護度3のようです。

私の仕事の不安定さもあります。大企業に勤め続けていれば、ある程度の収入を得て辛いながらも安定した生活が送れたでしょう。
ただ生来の自由人的な性格のせいか、馴染めず不安定な仕事を続けています。

FXや株の方も一時儲かったときもありますが、ちょっと失敗しています。
自動売買の前に、FXの売買を学ぶために、自分でやってみました。
やってみると、スワップやフィボナッチなどの言葉を初めて実感しました。
ユーロやポンドの暴落した後に円の暴落を予想していたのですが、先に円安になってしまいました。
少しでもお金を増やしたいと思ったけれど、思うようにいかないものです。
一番失敗だったのは、前に得した分を後の損の穴埋めに相殺しようとしたのですが、年末に売買したものはお金の引渡しが1月になってからなので翌年になってしまったことでした。昨年は、株・FXとも利益を出したことになって取得税を払うことになりますが、今年は最初から損失で始まっています。確定申告することで3年以内に利益を出しても相殺できますが、昨年で相殺できなかったのは、私のミスでした。これもやってみて初めてわかりました(よく考えてからやるべきでした)。

仕事も株もFXもですが、個人で得したり損するお金は限度があるかもしれませんね。
私は数十万円くらいのお金ならば得したり損したりするのは普通ですが、数百万、数千万円のお金となると嘆くでしょうね。
事業の器は、その金額を扱う自由度にあるのかもしれません。

株などがうまくいって数億円を扱うようになっても、一度に数億円を損したらきっと耐え難い辛さなのかもしれないと思います。
毎日100万円ずつお金が減ったときがありましたが、あのときは目の前が真っ暗に感じました。ホントに景色が黒ずんでいました。

息子のことも実家のこともいろいろありますが、結局はなるようにしかならない。
精一杯やって、思うようにならなかったら、「しょうがないね」と思うようになりたいです。

「生きているだけで丸儲け」と思いたい、今日この頃です。

Written by in: 勝手な言い草 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed