8月
31
2012

家族で青春18切符旅行(3日目、通天閣・法隆寺)

朝食は2日目と同じように、前日にコンビニで買ったものを、朝食にした。
1日目、2日目は歩いたので、足がくたびれていた。特に娘と息子は。
ホテルで私が家族の着替えなどの荷物を担いでいたカバンを宅配便で自宅まで送ることにした。
これで駅でコインロッカーを探さずに済むし、重い荷物から開放される。
送料は1900円と高かったが、開放される事が嬉しい。

今日の午前中は、妻がニュースで見たビリケンを見たいと言い出したので、通天閣へ行くことになった。
JR難波駅から新今宮駅まで行って、そこから歩いて通天閣へ行く。
通天閣の最上階にビリケンという神様の像が有るらしい。

通天閣はドカベンで「通天閣打法」というバッターが高くフライを打ち上げて、その間にベースを1周するという打法があったことで覚えている。
他に古い映画の坂田三吉でみたかなぁ。通天閣は古くて、面白い建物だけど、高さはわずか100mぐらい。少し離れた所にもっと高い建物が立っている。
でも、入るのは列を作っていた。

通天閣のそばでは、たくさんの串カツ屋が呼び込みをやっていてびっくりした。
昼は、イタリアントマトの株主優待券を持っていたので、隣の駅のイタリアントマトでパスタを食べることにした。
ずっとナムコの株主だけれど、初めて店に入った。カジュアルとファーストフードの中途半端なお店だなぁ。

関西本線で法隆寺へ行くことにする。
駅から歩いて20分ぐらだが、暑いので息子が嫌がりバスで行くことにした。
私1人だったら歩くけど、息子は我慢強くないのは残念だ。
近距離だけど、片道180円。
ただバスは10分おきに出ているので便利だ。

法隆寺の入場料は少し高い。
だけど、世界最古の木造建築や国宝などを見ることができる。
それには感動したが、この田舎の街はこの古い資産で持っているのだろうか。
法隆寺の1つ前の王子までは大阪への通勤圏内のようで、元気そうだったが法隆寺駅はそうとは感じなかった。

法隆寺を見終わって名古屋へ帰るときに、2つのルートがあった。
奈良から京都経由で行く東海道線を通るか、本数が少なく山がちな関西本線を通るかである。
ここは同じルートを通りたくないので、関西本線にした。
加茂から亀山までの伊賀を通り超える山がちなコースは、時間がかかったが思い出深いコースとなった。
単線で2両のワンマン電車だ。無人駅が多いので、前の一両だけしか扉は開かない。乗るときは1両目の後ろから整理券を取り、降りるときは前からお金を払って降りる。地方にいかなければこういった列車は残っていない。
亀山からは普通に乗って名古屋へ行き、また金山で終わりとなった。今晩の食事がないので、金山駅外のコンビニで夕食を買って、市バスに乗って家に帰った。

大阪のホテルで預けた荷物は、番号をトラッキングすると今晩中に名古屋まで来ていて、翌日の朝10時頃に届いた。
私は12時過ぎに名古屋の自宅を出て、東京へ向かう。まだ旅は終わっていない。今は掛川で書いている。

交通費

青春18切符の料金
¥11,500(5枚分) = ¥11,500

法隆寺駅→法隆寺前 のバス代
¥180 x 4 x 2 = ¥1,440

自宅から金山までのバスの切符
¥200 x 4人 = ¥800

施設利用料

通天閣入場料
大人 ¥500 x 2 + 中高生 ¥400 x 2 = ¥1,800

法隆寺入場料
(中高生料金はなく全員大人料金)
1,000 x 4 = ¥4,000

食費・おやつ

コンビニでお茶やお弁当を買うことが多かった。
けちな旅行につきあってもらって、ごめん。

でも、こういう旅をすると、感覚が戻ってくるのでうれしい。

Written by in: 家族 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed