7月
17
2012

月10万円で東京で生活

子どもが高校生と中学生になっているので、ちょっと生活は大変です。
一定額の貯金はあるものの、毎月10万円で東京で生活をしています。

職場でコーヒーを無料で飲んだり、ときどきおごってもらったりするものの、住居費や食事代、名古屋への交通費、諸々で10万円ぐらいだと思います。
服も新しいのを買わず、なんとかやっています。

20年前に東京で仕事をし始めたときは、アパートを借りて光熱費、遊興費などを考えると15万円くらいはかかってしまったのですが、シェアルームで交通費はなし(歩いて行く)でなんとか10万円です。
お酒もタバコもなにもしないので、、、唯一の楽しみは図書館の本です!楽しみが無限大あります。

それ以上の稼ぎは、名古屋の自宅に全部送っています。いえ、妻に強制的に搾取されています。
最近はあとからやってくる地方税も妻が払ってくれるようになりました。前は私の僅かな貯金から。

生活保護は単身でも13万円ももらえるそうですね。
さらに医療費はただだとか。

せめて国民年金より少なくないと、国民年金を払っているのがばかばかしくなります。
または、集団農場や集団工場で働いて、衣食住を提供するという方がいいかもしれません。
自由を求めるのならば、ホームレスしかありません。

47歳で一人で10万円というのは、あともう少しでホームレスかもしれません。
ええ30分くらい歩くと、新宿公園あります。
まあどうせ死ぬときは裸なので、、、、、、

ときどき、「何のために働いているのだろう。このまま逝ってしまった方が楽かな~。」と思うことがあります。
特に、心がうちひしがれた時ですね。

たぶん私は死ぬよりも、全財産を持ってインドへ行く方を選ぶでしょう。
財産がなくなったら、ガンガーをいききしているかもしれません。
ちょっと心配なのは、インドが発展していって物価が高くなっていったり、物質主義になってサドゥが軽蔑されていったりすることです。

この暑さを過ごしていると、インドや東南アジアを思い出しました。
インドでは、最低気温40度で最高気温は50度を越すという日々を1ヶ月過ごしました。

来年の1月下旬にサドゥのお祭り クンブメーラ があるのですね。あー、いきたいなぁ。
行きたいなぁと思いつつ、しがらみから抜け出ずにいます。


Kumbh mela

Written by in: 勝手な言い草 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed