1月
23
2012

吉野ヶ里遺跡にて

仕事の都合で、佐賀県に来ています。
もはや本業ではないけれど、お客様のPC導入に関するITコンサルティングを頼まれて 来ました。交通費・宿泊費とコンサル費用に価値を持ってもらえるかどうかが難しい所です。はい、今ホテルで予習をしています。

一度、名古屋に帰郷してその足で佐賀へやって来ました。佐賀空港は羽田からしか飛んでいないので、中部国際空港から福岡へ飛びました。
福岡までは1時間半とかからなくて早いのですが、そこから地下鉄・JRで佐賀へ行くと途中の乗り継ぎを入れると2時間かかります。

お客様は佐賀県神埼市にあるのですが、その近くに吉野ヶ里遺跡があることを知り、前泊でちょっと早く来て見に来てしまいました。
今から2000年ほど前に、比較的大きな集落があり国に近い存在だったのは驚きです。

身分制度があり、支配層と農民層がはっきり分かれていて、住んでいる場所やお墓も違いがあったそうです。
「銃・病原菌・鉄」という本で書かれていた首長社会(チーフダム)ですね。まだ世俗性ではなかった気がします。

この当時の日本の人口は100万人ぐらいだと想定されますので、ひょっとしたら私たちの誰かの先祖がここにいたかもしれないと思うと、懐かしさも出てきます。
当時の生活や服などを見ましたが、きっと短命で生きるのが辛かったと思います。

佐賀も素敵な田舎ですが閑散としていて、もし私が佐賀出身だったら福岡か東京に出ているだろうなと思いました。
スーパーに入ってみると東京と物価は変わらないが、収入の面ではきっと半分から2/3くらいな気がする。
夜は飲みにもレストランにも行かず、西友でお弁当を買って自室で食べながらパソコンとにらめっこです。

明日はこの佐賀で少なくともPCとネットワークについては節約や効率よく運べるような提案ができればいいなと思います。

Written by in: 勝手な言い草 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed