7月
18
2011

[本]だましの手口

私はよくだまされたなぁ。
小さなことが多いのだけれど、最近もだまされた。
・光ファイバーの申し込み
 NTTのものですとどうどうと嘘をつかれて、後で2万円の商品券を贈るといいながら、送ってこない。最初の電話はいかがわしい業者だなと思っていたけれど、何度も電話がかかってきて会社名を変えて言い方を変えて何度もやって、、、最後は根負けしてしまった。嘘かなと少し思ったが、、、やっぱり嘘だった。

・ブランドものの鞄が欲しいと妻がいい、それをネットで購入。やばいんじゃないのと思っていたけれど、届いた品物は粗悪品。別の理由で返品できたが、やっぱりね。

他にも、海外旅行へいっているときはよくだまされた。。。

たいていの手口は知っているけれど、自分が疲れて判断する能力が劣っているときや多勢が自分の弱点を知って攻めてくるときはなかなか避けられそうにない。

だまされないためには、君子危うきに近寄らず。
こういう本を時々読んだり、いろいろな情報を得ること。
自分の判断だけにとらわれず、いろいろな人に相談すること。

そもそもだます人はどんな人かなと思っていたら、「だますことがゲームだと思っている」とか宗教を誘う人は「だましても最後は本人のためになるからと善意でうそをつく」らしいので注意だ。そんな人とは関わらない方がいいかもしれない。

えっ、人生ってそもそもゲームなんじゃないの?まあ、ゲームを面白くするのは楽しい人生かも。そもそも、恋愛も、、、、その辺にしとこう。

Written by in: |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed