4月
16
2011

ボホールでの写真 続き

Blood Compactで記念写真です。
でもなぜ、いつも妻にカメラを渡すと記念写真なんでしょうね。

マゼランがアジアに初めてやってきたときに、セブのマクタン島でフィリピン人と争いになり、その傷が元でマゼランは死にました。
次にレガスピがやってきて仲直りをしたときに、このボホールにやってきて、血の盟約(Blood Compact)をして仲良くなったそうです。
その血の盟約を執り行なった場所は、ボホールのLoayのPaloという場所で、たまたま妻の出身はここで妻の実家から歩いて5分のところあります。

ロボック川クルーズの食事です。順番がちがってすみません。



めいが歌のコンテストに出ているところです。

フィリピン人は歌が上手な人が多いのですが、妻の家系は下手な人が多いです。
私も人のことは言えませんが、妻も下手です。
でも、めいは飛び抜けて上手なんです。
フィリピン各地では歌唱コンテストがよく開いており、めいは小学校の時からいろいろなコンテストに出て優勝しています。
果たしてプロになれるかな。賞金稼ぎと口の悪い人が言うけれど、初めて聞きましたが声量が出ていてうまかったです。

Written by in: フィリピン,家族 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed