4月
01
2011

5年ぶりにフィリピンへ行く

2011年3月24日、妻にとっては5年ぶりの帰郷となった。
昨年11月に安い航空券というので、フィリピンへの航空券を購入した。LCC(低価格キャリア)のセブパシフィック航空。
大阪からマニラまで、一人当たり往復4万円を切っている。マニラから妻の故郷のボホール(タグビララン)まで往復1万5千円だった。キャンペーン価格だと安いかもしれないが、通常のこの料金は安いかもしれないが、とても安いとはいえない。

仕事が山積みで後ろ髪をひかれる思い(場合によってはクビ)を覚悟で、妻の帰郷を承諾した。
まずは1日前に東京から名古屋へ夜行バスで戻る。前日の準備と1日の休養が必要だと思った。
翌日は、名古屋から大阪へ車を飛ばさなくてはいけないからだ。
しかも、今回の帰郷は娘の中学卒業と高校入試、息子の小学校卒業と中学入学と時期が重なっている。卒業式は終業式よりも早めなので時間的余裕があると思ったからだ。

だけど、出発が近づくに連れて一つ新しい事実がわかった。
娘の高校入試が合格しなければ全ての計画が頓挫してしまう。そして合格したとしても、入学手続をしなければいけない。

娘はがんばって第一次志望に合格した。そして入学手続が、今日3月24日の午前中とわかった。
出発日に重なった。
私は名古屋に戻っているので、車で娘と保護者としての妻を高校まで送迎した。
全部終わったのが12時頃だった。セブパシフィック航空の大阪発マニラ行きが午後8時40分。
午後7時までに関西国際空港へ到着すればいいから、7時間かけて大阪行くのは大丈夫だろう。

とはいっても、渋滞や事故など不測の事態が起こりうることもあるので、急いだ。
12時半頃に名古屋の自宅を出発して、大阪へ向かう。
高速を使えば4時間とかからないかもしれないが、週末ではないのでまともに走ったら、6000円を超えてしまいそうだ。
がんばって下の道で行く。高速ではないものの、名阪国道は道が整備されている。

国道23号線で鈴鹿まで行き、給油をする。
石油が高くなっている今としては、ガソリン代が比較的安い。名古屋市内だと150円ぐらいだが、ここでは138円。
プリペイドカードなので、5000円分買ってガソリンを入れたのだが、80円分くらい余ってしまった。もう2度と来ないから80円ぐらいもったいないが、安いからいいか。安いといっても後から考えれば、1割も安くないのだけど、あからさまな値段というのは神経質になるのだろうか。

鈴鹿から西に向かって、名阪国道にのる。天理には午後3時半に着いた。
天理までが無料区間で、ここより西は有料の高速道路になる。天理から高速に乗って関空までいくと1時間ほどらしい。
もし天理に着くのが遅かったら高速に乗ろうと思っていたが、名阪国道を降りて下の道で行くことにした。

走り始めて、失敗したかなと思った。
意外に車が多くて、信号で停まることが多い。大阪府に入るのに5時前になってしまった。
あと2時間で関西国際空港へいく必要がある。

大阪府に入ったときは時間がかかったが途中から外環状線に入って道がよくなった。
関西国際空港の近くに6時前に着くことができた。時間に余裕があったので、夕食を王将でとることになった。
ラーメンやチャーハンなどをとって、家族で分かち合って、出発。関西国際空港には連絡橋を通って、午後6時40分頃に着いた。民間の駐車場が何日でも5000円で保管してくれるという話だった( http://www.kanku-pacific-parking.jp/ )ので、その業者に無事に預けることができた。

セブパシフィックでチェックインして、ゲートへ向かう。
途中持ち物検査があるが、厳しい。妻が歯磨きチューブをかばんに入れていたのだが、100ml以上で大きいというので取り上げられてしまった。いま袋に移すからといってもとり合ってもらえなかった。マニラ空港で一泊するので歯磨きを使うのが目的だったらしい。

セブパシフィックは、この後の国内線も含めて、YouTubeにのったダンスしながらの案内はなかった。
かわいいフィリピン女性が明るくダンスするのを見たかったのに、残念。
LCCなので、機内映画はないし、機内食はない。飲み物や簡単な食事を売っていた。カップラーメンを200円で売っていたぐらいか。なんかちょっとしたクイズのようなことをやっていたがよくわからなかった。全部エコノミーシートでちょっと狭いかなと思うが、東南アジア往復するぐらいだったらガマンできるかな。ヨーロッパやアメリカへは遠いので、辛いかもしれない。

でも、大阪まで車で往復はちょっと辛いので、次は名古屋からフィリピン航空を使うかもしれない。もし電車で大阪へ行くということになれば、名古屋へ帰る最終便に間に合うかはわからないので、新幹線か一泊泊まることになるかもしれない。そうなると、かえって高くなってしまう。往復する時間が無駄というものだ。

関西国際空港のゲートで無線LANが無料で使えることがわかったので、パソコンを広げてメールを確認。
仕事でトラブルが起きているらしい。とりあえずの返事をしたけれど、30分ぐらいしか対応する時間もないし、80番ポートと443番ポート以外は閉じられているようで、SSHでサーバーにアクセスすることはできないみたいだ。
できるだけの対処を考えて、再びメールを書いて送った。これはGmailだからメールを送れたのかな?メールのポートを使っていたらだめだったかも。
再び、後ろ髪をひかれる思いで、マニラへ発つ。

フィリピンへ行くのはこの大切な時期に行きたくはなかったのだが、故郷に5年帰っていない妻のことを思うと、しかたないかなと思った。このことを一緒に仕事をしている人たちに話したときに、最悪のケースで仕事を失うかもしれないという危惧もあったのだが、妻の気持ちを押しとどめることはできそうもなかった。私抜きで行っても構わないのだが、それでもできそうにない。

Written by in: フィリピン |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed