7月
06
2010

妻が40歳になった

今日は妻の誕生日。
先週土曜日から名古屋に戻っています。学校の書類などを書かないといけないので定期的に帰らないといけません。それよりも妻や子どもに会うのが楽しみです。1週間会わないと寂しくなりますね。

妻とは毎日キスしていたのに、スキンシップしないと禁断症状のようになってしまいます。

今回は妻の誕生日が火曜日なので、せっかくなので自宅作業にさせて頂きました。
息子の病院など、なぜか火曜日に大切な行事が重なることが多いです。
ちょっと困った。なるべく妻に任せて、名古屋に帰るのは土日だけにしたいのですが。。。

とはいえ、火曜日まで名古屋の自宅にいってすっかりくつろいでしまいました。

今回も妻にはプレゼントをあげる余裕はないのですが、思い切っておいしいケーキを買いました。
31のアイスクリームケーキ、チョコレートスレートです。

お店によって料金が違うようですが、名古屋の新瑞橋サティ内で3400円でした。

ケーキとしてはちょっと高いのですが、さすが31.おいしかったです。

日曜日には、妻の要望でバイキングも食べに行ったし、じっくりと家庭サービスさせていただきました。
東京で仕事をしているときは、妻や子どもがいることはハンディだと思うこともありますが、今週末は「生きててよかったなぁ。家族がいてよかったなぁ。」と思えます。
もとより、自分が稼いだ金は(iPadと若干の生活費を除けば)全部家族に渡していますが、全部差し上げたい気持ちになります。

日曜日の夜、クーラーのある部屋に4人が川の字になって眠ることができて、「やっぱりいいなぁ」と思います。
ほんとうに現金だな。

妻は40歳になりましたが、本人は冗談で「オバン、オバサン」と言っていますが、若いつもりでいます。
先日はカトリックのミサで、インド人にじっと見つめられて「インド人ですか?」と聞かれたそうです。
次に「独身ですか?」とも。本人はとてもうれしそう。

妻はフィリピン人ですが、ブラジル人ともインド人、トルコ人とも言われ、無国籍みたいな人。
写真は5月に熊野古道へ行ったときのよく撮れた写真

ちょっとお腹がでているぞぉ(人のこと言えないけど)

Written by in: 家族 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed