5月
27
2010

[本]ガネーシャの知恵

久しぶりに宗教書の中でも良書に出会えた。

ガネーシャの知恵
ガネーシャの知恵
おすすめ平均
stars久しぶりの良書です
stars絶対幸福への道

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2000年くらい前の過去の物語もおもしろいけれど、そこから得たいろいろな知恵を教えてくれます。

たくさん学んだことはあるけれど、2つの点に影響を受けました。どちらも過去に同じことを考えていて、日常の生活に追われて忘れてしまったこと。

・世の中は変化する。変化を恐れて今にしがみついても、どうすることもできない。進んで変化を受け入れて、自分のできることで対処しよう。

・根本を知ること。自分は自然の一部であり、自然の原理・原則から離れても、徒労に終わる。自分の身体に流れている根本を知り、その根本にのって生きていく。やがてはカルマ(囚われ)から離れることができる。

前者は自分にとっては、結婚生活を守ることだけを考えているように思います。
妻や子ども、そして親族はかけがえのないものですが、それだけに囚われると、大きな渦に巻き込まれてしまいます。私と妻もだんだんと老いていき、子どものもうすぐ巣立って行きます。そのような変化が進行していますから、「今が幸せだから、何も変えたくない!」という気持ちを持っても、無意味なのです。
それならば、変化に応じた対処をすべきなんだなと思いました。

根本を知ること、それは自分を知ることで簡単そうで一番難しいことです。天命を知るということなのかもしれません。自分の能力で世の中に貢献することなのかもしれません。

Written by in: |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed