5月
23
2010

東京のシェアハウスを探して

だんだんと東京での仕事が増えつつあるし、正念場だと考えている。

5年前に名古屋で起業して、うまくいかなかった。
顧客のニーズに合わないのか、自分が妥協しないのか、そもそも自分が欠陥製品だったのか。

そういうマイナス的な見方もあるかもしれないが、外向きに刺激を与えつつ得ることもできるかなかったのが、一番かもしれないと最近思っている。

自分を自分たらしめている根本は、常識に囚われない先導的で冒険的な行動と、環境に対して臨機応変に立ち向かうことではないか。

仕事としては真面目なプログラマーを演じているけれども、心の奥底では以下の猛獣のような心を飼いならそうとしてきていた。

コンサル的な傲慢さ + 海外放浪するような冒険心 + 真理を突き詰める執着心

結婚と同時に自分の心を封印しようとしてきたのだが、実のところ共存させないといけないかもしれない。

そんなわけで、妻・娘・息子と家族会議で東京へ行って仕事をしてもいいか?

妻 「お金がまず第一だから。いいわ。名古屋では難しいんでしょ」
娘 「えっ、ずっと行ったきり?うーん大丈夫だよ。  止めてくれると思った?」
息子「どっちでもいいよ」とよくわからない様子。

子どもたちのこと、特に発達障碍の息子のことが心配だったが、最近読んでいる本に啓発された。

「変化は恒におこる。永久不変なことはなく、それにしがみつこうとしても無駄。周りが変化しても、自分が対応できることはわずかなことだけ。対応できない変化にくよくよしてもしょうがない」

もうすぐ巣立っていく娘と息子のことをくよくよ考えてもしょうがない。自分ができるのは、子どもたちが成長していく学費を出してあげることぐらい。塾や私立中学に行かせてあげる学費もないから(^^;アメリカへ留学したいならさせてあげたいし、チャンスをお金がないからという理由でダメにはさせたくない。(ただ費用対効果を考えて)

他に、だんだんと老いていく両親のことが気になるが、子どもが第一なのでいいかな。

そんなわけで、東京に拠点を移すことを考え、そして住むところも考えている。
どうせ仕事中心の生活になるから、住むところは寝るだけでいい。ベッド1つでもいい。バックパッカーやっていたので、どこでも泊まることができるし、こだわりもない。いろいろな人のところに泊まって迷惑もかけたよな。

やっと日本にもシェアハウス(ルーム)というのが流行るようになって、うれしい。貴重品のことと、騒音やタバコ、匂いが問題なかったら、たぶん大丈夫。

そこでいくつかコンタクトをとってみた。
ひつじ不動産というシェアハウス専門のところもあるし、シェアハウス専門の大家さんもたくさんある。

ルームメイト・カフェという掲示板もある。
http://www.rmcafe.jp/

ただこの掲示板の内容はちょっとおかしい気がする。
http://www.rmcafe.jp/n54383.html

はじめまして。  先日、住まいも仕事も失いどーしていいかわかりません。失業の理由は、婚約者の家業を同居しつつ手伝っていたのですが、破局致しました・・。  家を出た時、たった3万の所持金しかなく、今日までネカフェや健康ランドに宿泊しながら何とか生活して参りましたが、限界がみえてきました。

それに対してはすごい反応!
なんか新手の風俗かなぁと思ったのだが、本当に切羽詰まっていたらごめんなさい。だけど、こんな掲示板に本気で書くかなぁ。

最後になったけれど、東京でいいシェアルームがあったらぜひ紹介してください。

・場所は、表参道から歩いていけるところを希望 
(歩いて1時間くらいなら、または地下鉄で1本)
・タバコ・お酒やりません。
・あまり気遣いをしなくても構いません。
・料理・掃除なども普通にやります。トイレ掃除もやります
 (一人だと特に作らないかもしれない。独身時代は気合入れて朝から冷やし中華を作ったこともありました)
・妻がいるので、女性に対しては性的な興味は持ちません。
 (若い頃はホモに好かれましたが、ストレートです)
・音楽やスポーツには特に興味ありません
・テレビがなくてもOK
・インターネットへ接続できる無線LANか有線の回線が欲しい
・パソコンやネット環境などの整備や自転車の修理などもできる
・妻に言わせると、いびきが少々うるさい(距離を話せば大丈夫だそうです)
・シャワーと洗濯設備があるといいな
・起きて半畳、寝て1畳でもなんとか
・安ければ安い方がいいけれど、光熱費入れて5万円未満ならうれしい

夜行バスとカプセルホテルで毎週1万円くらいしかかかっていないという、実は通いの方が安かったりする。あせっていないのでじっくり選ぼうと思っています。

Written by in: ビジネス |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed