4月
17
2010

娘が15歳に

ブログにアップするのが恥ずかしいので、ちょっと遅れました。

4/11日曜日に娘が15歳の誕生日を迎えました。
我が家ではささやかながら、妻の手料理とショートケーキで誕生日を祝いました。
息子は、丸いケーキというんですが、ショートケーキの方が好きなケーキ(甘くない)を選べるし安いと思うのですけれどね。

息子には、誕生日やクリスマスケーキ=丸い という方程式が成り立っているんですかね。娘は我が家の経済事情を察して何もいいません。 😳

娘へのプレゼントは、美容院の料金です。美容院へ行くと1万円近くかかってしまいますから。。。

娘も15歳になると、ずいぶん大人びて来ました。
またテレビのアイドルと比べても見劣りしないぐらい大人のかわいさが出てきました。

全体としては母親に似ていますが、足の太いところや大きいところなど私の遺伝を一部継いでいます。娘は妻という愛している女性に似ていると同時に、自分の一部を継承しているので、ある意味では理想の女性かもしれませんね。

娘も年頃になって父親とは一緒にお風呂に入らなくなったり、一定の距離を持っています。私も性の対象には感じないのは、近親相姦による遺伝的リスクを避けようという、遺伝子が組み込まれているのかもしれません。

性格は人の気持ちを汲み取ることのできる子なので、私と違ってうまく世渡りができそうです。でも気遣いに疲れてしまうところや、好きなことにはずっぽりとハマってしまうところがあるので心配です。

娘には将来どうなってほしいとか、どんな進路をとるのか、ということは私も妻も何も言いません。娘の人生なので自分で決めていってほしいです。女の子も結婚とか子育てに拘らず、自分なりの人生を歩んで欲しいと思います。私と妻ができることは多少のアドバイスとわずかばかりの支援です。

高校生、大学生になったら、モテモテだろうなと思う一方で、変な男に目をつけられないといいなと思います。たぶん私が男として娘と知り合っていたら、こくって撃沈していたんだろうなと思います。

写真を載せると怒られるので、娘が自分で描いたキャラクターを紹介します。そっくりです。ずいぶん絵がうまくなった。

Written by in: 家族 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed