4月
16
2010

iPhone 3Gのチューニング

iPhone 3Gをチューニングしてみました。

JailBreakしておかないとシステムをいじれないので、JailBreak必須です。
iPhone 3Gはメモリーが128MBです。iPhone 3GSは256MBです。
Xperiaは512MBだったかな、Desireは256MBだったと思います。

いまどき、パソコンを買うと1Gや2Gのメモリーが標準ですので、スマートフォンもメモリーが必要です。

iPhone 3Gでアプリケーションが使えるメモリーをチェックしていたら、42MBぐらいしかありません。Safariで重たいページにアクセスすると勝手にSafariが終了してしまうこともあります。Safariや電話、SNSなどは実はマルチタスクで動いているものですから、Safariを使った後には他のソフトが起動できないということもあります。

そこでこのネタ。
http://blog.livedoor.jp/iphonecrackstyle/archives/1306247.html
デバッグ用などのいらない常駐ソフトを消してしまうという方法。
これでアプリケーション用メモリーが10MBぐらい増えるそうです。
アプリケーションアイコンのスクロールがこころなしか早くなった気がします。

iPhoneOS 4.0ではiPhone 3Gはマルチタスクができないそうですが、実は設定を変えるとiPhone 3Gでもマルチタスクができるようになるそうです。
http://www.funkyspacemonkey.com/enable-multitasking-iphone-3g-running-iphone-os-40

とはいえ、メモリーが少ないんですけれどね。チューニングして少しは使えるようになるといいですね。

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed