4月
14
2010

父の誕生日

4/11が娘の誕生日で、3/27が結婚記念日で、その前日の3/26が私の誕生日だったりするがブログに書くのがめんどうな気がして、今日の父の誕生日を祝そう。

今日は父の誕生日。
昭和12年生まれ、つまり西暦1937年生まれだから、73歳になる。
身内の恥をいうと母に怒られるかもしれないが、実はぼけ始めている。

アルツハイマーという病気ではなく、若いけれど老人性痴呆症である。

原因は父が定年前に交通事故にあって頭を打ち、ICUで何日か死を彷徨ったことにある。そのとき脳軟化症になって、脳の一部が死んでしまった。生還はできたものの、脳の一部が死んで注意力や思考力が低下して、人格も変わってしまった。神経質だったのに、細かいことに気づかないおおらかすぎる性質になってしまった。

日常生活はできるものの、そのとき以来ちょっと頼りない父。
責任あることはできないので、元の職場に戻れず、他の仕事もきちんとできないでいる。

ここ1、2年前からボケ始めており、ディサービスも通い始めた。
その頃から母の負担が増えたようで、身体のことも心配。
頭を使うことがないので、急速にボケ初めてしまったのではないかな。
使わない部分は、衰えてしまうのが、人間の性。
私も身体の部分部分が衰えてしまっているから。

身体を動かせることが不幸中の幸いだ。
かわいそうとか大変だとか、もうすでにその段階を過ぎていて、穏やかな余生を過ごしてほしいと思う。ただ、母が介護で大変なのはちょっと気になるんだけれど.…

私は歳をとってきてから父に顔立ちが似てきたと言われるが、小さい頃からアンチオヤジで苦手だった。すぐに叩かれたし、父は運動が苦手だったし、オヤジギャグばっかりで、、、、
 あっ、いつの間にか私も親父に似てきた。
 同じことを娘や息子にいわれないようにしよう。

夜8時ころに、お祝いの電話をしたら、すでに寝ていた。。。

Written by in: 家族 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed