4月
14
2010

プロマチアだけではプロにはなれない

OKWaveの兼本社長は、Q&Aサイトを支えているのは、アマチュア以上専門家以下の中間領域だという。

本業ではないけれど、好きでやっていたら知らず知らずのうちに専門家になっていた人たちのことを、彼はプロとアマチュアの合成語プロマチアという言葉を使う。

パソコンに詳しい人が周りにいて、パソコンのセットアップやExcelの使い方や、何かトラブルにあったときに聞く人はいるけれど、それがどの分野でもいるだろう。それをネットで情報共有する場を設けたのが、Q&Aサイトだ。

OKWaveが一番おおきいけれど、はてなも有名だし、Yahooなど大手も参入している。

プロマチアという存在は、プロもどきという存在を排除している。
少しパソコンについて詳しいということでIT関係の仕事はできないけれど、「小さな仕事ならば自分でできるので君はいらないよ」と言われて、私のような零細は小さな仕事はなくなってきたしお金にしずらくなった。

Jimdoというようなホームページサービスも同様だ。
http://jp.jimdo.com/
毎月1000円で、簡単にホームページを構築できて、ブログもできるし、ショッピングサイトも運用できる。
多少覚えることはあるけれど、プロの助けはいらない。
プロに頼むとすぐ10万円や場合によっては数十万円かかってしまう。

デザインも多少自分でできるし、ブログを書くことで済むならば、毎月1000円で済むのは魅力的だ。

私たちIT関係にたずさわるものは、その上をいかなくてはいけない。
それで需要がすむお客さんならば、そちらに譲る。このJimboではできないことを望むとき初めて、お客さんになっていただける。

値段は数十倍かかるかもしれないけれど、利益がもっと呼び込めるならば、、呼び込めるならば、、、(ここは難しいけれど)
初めて市場がある。

簡単にホームページを作りますというだけでは仕事にならない。その市場はJimdoたちによって占拠されつつある。彼らはたくさんの人に安く提供するというビジネスモデルで攻めてきた。同じやりかたでは勝てない。その市場では勝負にならないので、別の市場でやらないと。

だけど、その別の市場は果たしてあるのだろうか?

Written by in: コンピューター |

2 Comments »

  • longkey1 より:

    > 私たちIT関係にたずさわるものは、その上をいかなくてはいけない。
    上に行くことばかりではないと最近は思っています。
    横にいってみたり、斜めにいってみたり、したらどうなのかなーと。
    それを見つけるのが大変なんですけど。
    甘いですかね。

    Jimdoは素晴らしいサービスですね。
    僕もこれを見た時は、自分の仕事がなくなるなと思いました(笑)
    事実減っています。

    ウェブサイト制作は、他の産業と同じで
    「今までオーダメイドで作っていたのが主流だったのが、大量生産になってきた」
    ってことなんですよねー。
    大量生産する側に回るか、オーダメイドに拘るか。

    なかなか難しいですね。

    • ohashi より:

      longkey1さん、コメントをありがとうございます。

      横や斜めの場所を確保するというのは、思ってもみませんでした。

      WordPressやMovableTypeを使ってホームページページやブログを作りたいというお客さんは、Jimboに奪われてしまうかもしれません。

      環境が変わっていきつつあるので、こうした大きなざるの出現は予想できたことで、なおかつ国境を越えているのですからしょうがない。

      この大きなざるで、お客さんのすべてが満足できるというわけではないし差別化もできないので、その次を考えれば生き残るところがあるのではと楽観視しています。お客さんが望んでくれればですけれど。

      大量生産はうまくいけば、大儲けできますが競争が激しい。
      オーダーメイドは、大儲けできないけれど確実かもしれません。

      底引き網と一本釣りですかね。お客さんは魚じゃないですけれど。

      生き残る場所を一緒に模索しましょう。


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed