4月
09
2010

iPad と iPhone OS 4.0

Apple からiPadという端末が出荷され、iPhone OS 4.0の発表があった。

iPadは、アメリカで購入された人はみんな満足しているし、インターフェースの点での先進性に感動しているようだ。Alan KeyもDynabookの目指しているところのようで感動している。
Wifiの接続性の問題(距離があるとつながりにくい)があるぐらいだけれど、それは小さな問題。
iPadのようなものが机の上に2~3枚あるといいなぁ。

予算がないので次の次くらいに、購入したいと思います。
お客さんのところで買わないかな。。。

iPhone OS 4.0の発表も4/9の日本時間の深夜2時にあった。
マルチタスクとiAdというOSに付随した広告の発表。
アプリケーションは競争で劇的に安くなってきているので、企業が利益を得る手段は広告という選択肢が強くなっていくと思う。だけど通信パケットで広告が流れるのはどうだろうか?

マルチタスクはJailbreakするとBackgrounderというソフトがあって既に実現しているんだけれど、メモリーを使うアプリケーションが多くてiPhone 3Gでは実のところあまり使えない。今後メモリーが増えていくと必須なんだろうと思う。DOSの時代ではありえなかったけれど、Windows 95から普通に複数のアプリケーションを起動しているからね。
MacOS 4ぐらいまでのDeskAccesaryみたいなマルチタスクのようなものみたいなんだろうけれど、あるとうれしいですね。

SIMロックの話だけれど、利用者に選択肢を用意すればいいだけの話ではないのか?SIMロックした携帯は高い、SIMフリーにした携帯は高い。それだけの話ではないのか?

Written by in: コンピューター |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed