3月
20
2010

何かを選ぶと、別のものを失う

最近つくづく思うけれど、何かを選ぶと別のものを失います。

新しいことが好きだったから、何でも試してやってきましたが、今になって思うとそのときに失ったものがたくさんありました。

ある人に出会えば、別れる友人も出てきます。
外国へ行けば、日本で過ごす時間がなくなります。
一つの職業を選べば、他の職業への選択をなくします。
あることの時間を過ごせば、他のことができなくなります。

一つ新しいことを知ると、知らなかったときの自分を無くします。

組織も同様です。

組織が変わる。人員が増えたり、減ったり、人の気持ちも変わることもある。

変わっていいことばかり気になるけれど、失ったものもあることに気をつけなければ。。。。

変わることを恐れてはいけないけれど、変わることで失うものをみないと、取り替えしのつかないことになるかもしれません。

進んでもいいこともあれば悪いこともあるし、進まなくても別のいいことと悪いことがある。進むか進まないかどっちがいいかとはいえない、ある点ではいいし別の点では悪い。単なる選択にすぎない。

具体的なことを言わずに、漠然としていてすみません。

私が東京で仕事をすれば、仕事は楽しいし手に入れるお金は良くなるけれど、家族と過ごす時間が減る。東京へ行かなければ、その逆。

他のことでも、同じように思うことが多い。

数年前はいいところしか見えなかったのだけれど、両方見えるようになって熟慮するようになったのは歳をとったのかな。

Written by in: 勝手な言い草 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed