2月
18
2010

鍵をなくして焦った

今日の東京は雪です。

名古屋から東京へ来る夜行バスで、鍵を忘れてしまった。
コートのポケットに鍵を入れていたのだが、バスの棚にコートを畳んで置いていたが振動かコートを取り出すときに、ポロッと落ちたものだと思う。

東京には早朝に着いてそのまま事務所に向うが、事務所に着いて鍵がないことに気づいた。バスを離れるとき、財布や定期入れなどは確認するけれど、、、、、

しかたなく、他の人が事務所に着くまで外で待つ。
着いて早々、バスツアー会社、バス会社(運営とバス会社は別)に電話。

「あったぁ~」

当初はバス会社まで鍵を取りに行こうとしていたが、日中時間が取れなくて、夜11時過ぎの新宿のバス乗り場で受けとることになった。

「ありがとう。」

本当におっちょこちょいはこの歳になっても治らない。
(たまに自宅に鍵や定期を忘れることがある。いつもと違う行動をしたとき。)

もし鍵がなくなっていたかと思うと、、、車の鍵は1つしかない。自宅の鍵や事務所の鍵は特殊な鍵、、そしてご迷惑。鍵は持ち主がわからなければ悪用はできないけれど、、ご迷惑をかけてしまうと思うと、助かった。

鍵やお金は鞄の奥に入れておこっと。それもまずいかな。
いっそ何もなしで動けるのが一番いいのだが、

鍵がなくしたことに対処してくれたのは、ハーベストツアーという旅行代理店とHS観光というバス会社でした。本当にありがとうございました。
生きている間、ずっといろいろなところに迷惑をかけているなぁ。

Written by in: 未分類 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed