1月
30
2010

パソコンとポットの修理

土曜日に仕事はオフでも、家にある家電製品の修理が待っていました。

まずはパソコン。
8年ぐらい前に買ったパソコンで、今はもう誰も使っていないのですが、ファイルサーバーとプリンターサーバー代わりになっていました。昨年末に安いプリンターを5000円で買ったのですが、スキャナーとしても使えるので娘は喜んでいます。

そのサーバーはWindows 2000 Professionalで動いているのだが、起動する途中で止まってしまい勝手に再起動する。復旧などいろいろ試したが、結局はフォーマットしなおして再インストールすることになった。

再インストールで無事に使えるようになったけれど、試す時間とサービスパックなどを当てる時間で、半日以上かかった。

次は、お湯を沸かせるポット。
ポンプが変な音を出して、お湯がうまく出てこない。
分解修理することになった。分解してみたら、ポンプの羽根車の芯が折れていた。
接着剤でもなかなかつかない。時間をかけてなんとかつけたが、力の入るところだからまた折れるかもしれない。
この部分の部品があれば交換すれば治るけれども、いまどき5000円ぐらいで買った商品の部品は手に入らないかな。

次に掃除機の先端のブラシが回転する部分の修理。
髪の毛が詰まっていて、回らなくなってしまった。こちらは髪の毛を取ったんだけれど、回らない。どうもモーターが焼ききれてしまったようです。妻が気づいて掃除機の中を分解掃除してくれればこんなことにはならなかったのに。すでに遅い。

年々、モノの単価が安くなっていくので、修理しても採算に合わない。

でも、修理してみると、どんなふうに設計しているかというアイディアを再発見できるという楽しみがある。お金をかけず、部品を増やさないように、効率よくやっているという仕組みをしることができる。

それに修理が究極のエコロジー。

家電修理というのも趣味に入れようかな。

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed