12月
15
2009

ノートパソコンが復活!?

ノートパソコンのAspire Oneの調子が悪いせいもあって、しばらくブログが書けませんでした。

Aspire Oneはファームウェアを3309にアップデートしてバッテリーの認識がきちんとできるようになったはずですが、起動してから30秒ぐらい経つとプシューンと電源がおちてしまいます。

何度も繰り返すのでもうだめかなと思い、「保証期間内なので修理にだすかな。」と思い腰を上げAcerのサイトで修理申請書のPDFをダウンロードして印刷します。記入している時に、AdministratorのIDとパスワードを書くところがあって、バレてしまうのはまずいので変えておこうかなと思いまして立ち上げます。30秒以内に変更しなきゃと焦って変更します。

でも、、、、落ちません。

んんんん。

パソコンの修理もそうですが、いろいろな課題は再現性がないと原因がつかめません。「ほら、うまくいかないじゃな」と言われてもそれを確認できない限りは、「どこがおかしいの?」ということになってしまいます。

何度、再起動しても問題なく起動してくるし、電源も落ちません。

????

これでは修理に出しても、「問題ありませんでした。」と返ってきそうです。

パソコンの修理はしていないけれど、パソコンの不具合や自分が作ったソフトの不具合の問い合わせが多いので、対応する仕事をしている人の立場がよくわかります。

ほとんどは、設定ミスやたまたま調子がわるかっただけというケースが多いです。でも再現しないと不具合ではないというのもユーザーからすると、現に使えないのだから辛いだろうなぁとも思います。

同じ時期に、息子のDSiもLボタンが反応しなくなり、それについてはずっとそうなので修理に出そうと思います。年末までに返ってくるかなぁ。

Written by in: コンピューター |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed