11月
06
2009

医学部合格お祝い

起業の学校で一緒だった、Mさんが医学部に合格した。

学士入学の編入試験という狭き門に目指して、とうとう合格したんだ。

起業の学校の同期で、「僕は起業はしません。医者を目指します!」といい切って卒業した。「えっ、起業じゃないの?」というところで目が点になった。起業の学校では経営理念というところを真剣に考えることを仕向けられ、ブレない信念を半年かけて築いていったのだろう。

その結果、Mさんは「本当に自分が目指しているところは何なのか?」という答えが、「医学の道を目指す」ということだった。それから4年間、公務員を辞め、アルバイトしながら受験勉強を進めていた。今年までの3年間は、受験に失敗して辛かっただろうと思う。同期としては、彼を助けてあげることはできない。ただ励ますだけ。「なんとかなるさ」「また今度があるさ」と。

でも、今回合格したときは、何か吹っ切れたところがあったらしい。その自信と決断力がきっと成功に導いたんだと思う。

1ヶ月ほど前に合格通知をもらい、2週間ほど前に入学手続きをとった。彼のエールを讃えて、久しぶりに飲み会に参加させていただいた。自分のことのように本当にうれしい。

misawa

写真は帽子にご満悦の、Mさんです。

久々に同期のみんなに会えて、よかった。けれどなんかうれしくて帰宅したのは3時頃。同期のHさんに車で送っていただいたのでありがとう。送ってもらえなかったら翌朝の始電で帰るところでした。

そしてこれから4年+αの間、医学部の授業についていくのは大変だと思うけれど、辛いときはこれまでの4年間と、奥さまの顔、そしてみんなの声援、そして世の中のことを少しだけ思い出してください。

オラもがんばろ。

Written by in: 起業 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed