11月
05
2009

ActionScript 2.0と3.0は全然違った

Flashの動画プレーヤーをつくろうと、いろいろいじることになった。

Flash CS4を30日間無償体験できるので、その間につくってしまおう。

ようはECMA Scriptだし、なんとかなるかなぁと思って作り始めてみる。

とりあえず動いた。ではPARAMで受け渡しをする。_root.param1 でOKか。

じゃあ、次はJavaScriptで送受信、、、、なんか雰囲気が違う。

マニュアルや参考書なしでいじっていたら、、、ActionScriptのバージョンが2.0と3.0では文法は似ているけれど、クラスライブラリや使い方が全然違うじゃない。

(ActionScript 2.0と3.0の違いを書こうと思ったんだけれど、時間がないからまた次の機会に)

もう1回0から作り直すことになった。インストールしてから2週間経った。あと2週間で作らねば。

一応、VMWareの上に仮想OSをインストールして、Flash CS4をインストールしたので、またOSごと消せばいいけれどねぇ。

お客さんのところに本物があるから、最後はそちらで編集すればいいかな。

Flashの動画は、YouTubeやニコニコでも使われているけれど、Windows Mediaの進化が止まり、Flashが追いつき追い越せで悪くない感じ。とはいっても、FlashでつくるよりもAjaxでつくりたいから、ほとほどなんだけれど。

Ubuntu(Linux)のブラウザでもFlash 10が普通に使えるから、Flashでいこう。

でも早く、HTML5 で <video>タグというのが使えるようになるのがもっといいや。

Written by in: 起業 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed