8月
22
2009

ゴルフをやらない選択肢

雑談の中で、ゴルフについて話すことがあったのでちょっと書いて見ます。

私はゴルフをしません。
学生時代はゴルフをする余裕がありませんでした。
でも社会人になったら、ゴルフをすることで社内・社外の人とコミュニケーションがとれ、ビジネスチャンスが広がります。そのことをいろいろな人に言われましたし、今でもそれは事実だと思います。

その一方で、ゴルフはメンテナンスが必要です。
ときどきは、打ちっぱなしに行って素振りの練習をしないといけないでしょうし、土曜日か日曜日は遠方のゴルフ場へ車に乗っていかねばなりません。時間もかかるでしょうし、お金もかかります。

でも、社会人になる前に、一度もゴルフの道具を持ったことがないまま、オーストラリアのパブリックコースに行きました。(そんなやつはおらんやろ)
まず、ウッドが玉に当たらない。玉にあたってもどこへ飛ぶかわからない。
1ホールで30~40ぐらいたたきました。

ハーフホール終わって、「もう思い残すことはない」
一緒に回った人にはすごい迷惑をかけました。それ以来、やっていません。
うちっぱなしも行きません。

就職してから、ゴルフは古いから、、と言って、ダイビング接待をしようと目論んでいました。
ダイビングは何本潜ったかわかりませんが、150本ぐらいでしょうか。
これもオーストラリアでライセンスを取ってそれから50本、そのままあちこちのボートに乗って潜りました。
日本に帰って、、、伊豆で潜ったら、、、、幻滅。
「色がない」

沖縄の慶良間諸島で潜って、悪くないじゃん!
カリブ海のケイマンで潜って、おぉすごいじゃん!
フィリピンのボホールやエルニドで潜って、、きれいジャン!

ボホールで妻に出会って、それ以来あまり潜る機会はなく、ダイビング接待は延期です。

結局、ゴルフはずっとやっていませんが、そのとき東南アジアで仕事をすることがあれば、土日はすることがないのでゴルフづけになって上手になるかもと思いつつ、その機会がありませんでした。

日本では、ゴルフをすると土日は家にいないので、我が家の場合崩壊するかもしれない・・・・
もっとも体質的にあわない(下手)ので、、やらないの方がいいかもしれない。

カラオケも音痴なのでやりませんが、、

友人もゴルフをやらないので、、お父さんがゴルフをするのでアンチ親父だからだと言っていました。
友人の奥様も、「うちの旦那はゴルフをやらなくてよかった」と言っていたのが印象的でした。うちの妻も同意権です。きっと子どももいなくて、奥さんもゴルフ好きだったらやっていたかもしれません。

ゴルフをしないと、やっぱり出世が遅れるのはしかたないと思います。
ゴルフが好きで得意な仲間に任せればいいかな。
(もともと出世したいと思わなかったからというのは言い訳に聞こえるかもしれませんが)

Written by in: ビジネス |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed