8月
15
2009

人生の2つ目の秘密「思い残すことのないように生きる」

人生の岐路に立ったとき、どっちへ行こうか迷う。
本当は左へ行きたいけれど失敗したときのリスクを怖れて、安全な右へ行ってしまう。
後から本当は左へ行きたかったのだけれど、、、、

すると晩年になって、「若いころにああしておけばよかった」という後悔が積もってしまう。

「やってみて失敗したこと」については後悔することはないようだ。しかし、「試すチャンスはあったのに、やらなかった」ことについては大きな後悔が残ると言っている。
賢人でも、何度か「やらなかった後悔」というのがある、だから次は「リスクがあってもやるべきことだと思ったら、その道へすすむ」ことをするようにつとめる。

そのときは「人生をかけるようなリスクだ」と思っていても、後から思いかえすと意外とそうでもないことが多い。

挑戦しないと、あとで後悔する。

1. 今週(今日)、恐怖心からとった行動があっただろうか?
 来週(明日)、どんなふうにもっと勇気ある行動をとりたいだろう?
2.今週(今日)、自分の信念に従って行動しただろうか?
 今週(今日)、どうすれば、もっと深い信念にもとづいて行動できただろうか?
3. 恐怖心からではなく、勇気をもって行動するには、人生でどんな一歩踏み出せばいいだろう?
4. ポーチに座って人生を振り返る高齢者の目で人生を眺めることができたら、これまでとは違う、どんな鼓動を起こせるだろう?
5. どうすれば、いますぐ、人生の挫折に対処できるだろう?
 わたしは前進しているのだろうか?それとも後退しているのだろうか?

死ぬまでに知っておきたい 人生の5つの秘密
死ぬまでに知っておきたい 人生の5つの秘密 栗木 さつき

おすすめ平均
stars死ぬまでにと言うタイトルはスティミュラスですが
stars「一般人の中の賢い老人達」の教え
starsじっくり読む本
stars人生をよく生きるために見ておく本
starsこの本を活かすのは自分次第…

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Written by in: |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed