8月
07
2009

同じ商品なのに競合じゃない

カンブリア宮殿で、「オーケーストア」を特集していた。
兄弟が社長ばっかりなのに驚いた。セコムの創業者と兄弟だし、長男は家業をついで社長。

「至誠天に通ず」という父の日々伝えていた言葉が、こどもたちに影響を与えたのだろう。
後世に伝えるのは、教育なんだなと思う。

オーケーストアは、関東を中心にスーパーを展開している。
イトーヨーカードやジャスコイーオンと同じ業態かと思いきや、ビジネスモデルが違うので、競合ではないと言い切る。

品物は安いがディスカウントストアではない。
いつも商品を限界まで安くしていて、特売はない。
そのためのチラシ宣伝はしない。
お客さまには、昔の八百屋のように正直に伝える。「今は買い時ではありません。わけありの商品です。」

お客さまへの信用を売りにする。

競争相手は、ウォールマート!!!
世界最大のスーパーで、超優良企業。

この経費をなるべく落として信用を高めるという、ビジネスモデルの構築に時間をかけ、経費率を15%まで落とした。イトーヨーカードーなどは30%を超えているので、競合にはならない。確かにビジネスのやり方が違う。

でも同じ商品を売っているので、お客さんにとっては同じ市場で競合なんですけれど。。。。。
という突っ込みはいいか。

これをソフトウェア開発や、システム構築にあてると、、、、、やっぱりIT技術者の派遣ということになっちゃうのだろうか?商品の中身が安定していない!??

Written by in: ビジネス |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed