8月
06
2009

[本]V字回復の経営

V字回復の経営
V字回復の経営
おすすめ平均
starsスリリングある企業小説
stars年功序列、年次序列でいいの?
stars改革のすべてが詰まっている
stars参考にします。
stars企業再生の現場を見てきた方だから書ける本

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ダメになった組織をどうやって持ち直していくのか?
それを著者の経営コンサルタントとしての経験から、The Goalのような小説風にわかりやすく味付けされている。小説風だととても入りやすいし、具体的で、応用しやすい気がする。
この小説を読んで、じゃあうちの会社はどうしようか!と考えて、具体的なところまで落として、そして実現する。それができるのはどれだけいようか。

覚悟と論理と協力 の3つなのかな。言い換えれば、心・技・体なのだが俗的な表現では済まされないものがある。

リーダーとは、リードするもの、先に進むものという意味がある。
戦国時代では兵の前に立って突き進み、まず最初に死ぬぐらいの覚悟がないと誰も死をかけて戦ってくれない。

期限付き、背水の陣、仲間と同じゴールに向かって進むこと、それぞれが満たされて初めて十分条件になる。
成功は、その十分条件が満たされて、それから初めて運に試される。

やっぱりみんな、死ぬか生きるかの戦いをしなきゃね。
日本はそんなことを忘れている人が多い気がする。中国やインドや伸びつつあるところはみんなそうだからね。
高度成長期の日本はそうだったんだけれど、環境とルールが変わって戦い方を忘れたかな。
それとも休息していたのかな。

いい本だった。こうすると難しいこともわかりやすいんだな。

Written by in: ビジネス, |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed