8月
04
2009

女性用トイレ

男に生まれて良かったなということの一つに、トイレがあります。

劇場やサービスエリアの公共トイレは、いつも女性トイレは列をつくっています。

女性の方は男性に比べて、トイレの場所はとるし、脱いだり着る時間がかかるし、生理的にしょうがないかなと思います。しかし、洗面場でお化粧の手入れにまで時間がかかるので、、結果的にトイレは混んでしまう。

男一人だったら「男に生まれてよかった」と思う瞬間ですが、妻といたり、家族といたりすると、男は女性が用を済ませている間待っていなくてはいけません。重い荷物をもって待つ。

それが男の役目と言われればしょうがないのですが。

名古屋の松坂屋の地下で、それに対応したトイレを見つけました。写真はトイレの間取り図です。

toilet

ピンク色が女性部分、青色が男性部分。

妻と同じ時間に入ったのですが、やっぱり5分くらい待たされました。

ちょっと化粧していたような。 ここまでいくと男性蔑視のような気がしますが、松坂屋というデパートはもともと女性のためのもの。まあ良しとしましょう。

Written by in: 未分類 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed