8月
01
2009

顧客志向で

東京で営業活動をしていて、次のことを実感。

  1. 顧客にとって自分という商品でどんなメリットがあるかを考える
    • 一番は顧客の利益につながる
    • 顧客の損失を防ぐよりも経済的なこと
    • 心理的なこと(付き合いやすさや相性)も大切
  2. 無理に自分の商品を売るよりは、求めている顧客のところへいく
    • 日本中、時間を許せば世界中を飛び回りまっせ
      • ただ開発する仕事の場所と時間を確保しなければ

まずは1人でやっているので自分を商品として提供。

自分の技術と開発できることが、顧客にとってどれだけメリットがあるか?お金を生み出すものであれば一番いいし、コストを抑えることもできるのでもあればいいがこちらは0を目指すので目標としては限界がある。青天井でどんどん伸びるような要素があればねぇ。

それが1人でできなければ、コラボーレーションができるように本当の意味でのネットワークを作っていかねばならないだろうな。実はこの点は自分よりも優秀な人を求めている一方で、評価が難しかったりするのであるが、いろいろ考えないと

東京もいろいろ難しかったりするので、当面は日本中のどこかに仕事があればどこでも飛んでいくようにしよう。予算に限りあるのでバスでの移動がメインになるけれど、バスの移動も20代のバックパッカー時代を思い出すので、緊張感があっていいかも。

体力的な心配とスーツを使っての仕事ができないのが悩みだけれど。

Written by in: ビジネス,起業 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed