7月
17
2009

東京ではiPhoneが役に立った

私のiPhoneは、パケット代を節約するためにapn-dialerを入れて3Gではパケット通信できないようにしています。そのため、街中で地図を確認したり、地下鉄の中でメールのやりとりやサイトにアクセスということはできません。

iPhoneの良さの半分を殺してしまっているのですが、それでも役に立ちました。

・マクドナルドへコーヒーを頼んで、無線通信しました。

マクドナルドへ入って120円のローストコーヒーを頼みます。これがおいしいんだな。
ソフトバンクの各種ページに入るための、IDやパスワードはいくつかあって迷うんだけれど、フリースポット用のIDとパスワードをなんとか見つけて、無線LANよりインターネットにアクセスできました。それでRSSリーダーのBiPlaneを使ったり、ニュースなどを見ていました。街中でちょっと使うのを我慢して、マクドナルドへ駆け込めばいいですね。
涼しいし、安くておいしいコーヒーもありますから。

でも名古屋は100円だったような、都心は高いのかな。

・iPhone標準の地図

iPhone標準の地図はキャッシュが効きます。出かける前に、あらかじめ見ておくと歩いている最中にパケット通信をしなくても使えます。
知人の新しい事務所へ行くときは、事前に住所から検索しておきました。GPSが正確な位置を教えてくれるのがすごくよかったです。

東京でよく使うんだったら、もうapn-dialerを外してどこでも使うようになるかもしれません。
でも頻繁に使うようになれば電池の減りが早くなるので、充電方法などを考えないといけないかもしれません。(今は2~3日に1回充電ですんでいます)

iPhone 3.0でJailBrakeして、さらにSIMフリーのyell0wsを入れている環境おまけにapn-dialerですが、フリースポットでの無線LAN通信ができました。
apn-dilaerを外したら、パケット通信もできましたよ。

Written by in: iPhone |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed