6月
10
2009

FLOSS桜山第26回勉強会

FLOSS桜山第26回勉強会に参加してきました。

梅雨に入り雨が強い夜でした。たまたま車で出かけていたので助かりました。

1. Ruby版XOOPS、島根のお土産話

鳥取は行ったことがありますが島根はありません。遠いなぁ。

Ruby版XOOPSの落ちが予想外でした。
あそこまでやるならば、PHPのマルチスレッド化に加わればいいのに

PHP版からRubyに乗り換えても、誰もついてこないのでは。

2. Buritterと私

Sinatraでつくったアプリケーションということで期待していた。
シンプルでよさげなアプリケーション

便秘がちな人が○が出たときにつぶやき、世界中にその気持ちを分かち合いたいというサービスである。

http://brtr.longkey1.net/

私は便秘ではないのであまり関係ないけれど、大人のうふふな記録(loveitter)をとるというのはどうだろうか?あまり回数ないか。

3.Twitter/GAE連携

Google Apps Engine for Javaが簡単に使えるという話であった。
Javaもクラスライブラリがたくさん用意されているので意外と楽だな。

でも、コーディングが面倒なので思考の妨げになりそう。

4. Java5でDAOつくってみた。20分

DynamicProxyなど、、、ついていけなかった (; 😉


aodagさんが、転職して東京へ行かれるとのこと。

あまり話はしなかったけれど、優秀な人材がまた一人名古屋からいなくなるなぁ

Written by in: コンピューター | タグ:

2 Comments »

  • longkey1 より:

    どもです!

    sinatraの話あんまりしなくて済みませんでした。
    ログを出なくする方法はこんな感じでやってます。
    set :logging, false
    set :dump_errors, false
    参考になれば、幸いです!!

  • ohashi より:

    longkey1 引用::

    どもです!
    sinatraの話あんまりしなくて済みませんでした。
    ログを出なくする方法はこんな感じでやってます。
    set :logging, false
    set :dump_errors, false
    参考になれば、幸いです!!

    longkey1さん、コメントをありがとうございます。
    IDの由来がわかってすっきりしました。
    わかりやすい名称でいいですね。
    なんで最後にわざわざ1をつけるのかなぁと思っていました。

    sinatraはここ最近ブームになりつつありますね。
    Railsとは好対照でいいと思います。CGIも早いですね。

    私もあの後で調べて独自にわかりました。

    diable :logging

    です。内部的に同じことをしているだと思います。

    sinatraが0.9.2になって、rack 1.0対応でソースの自動リロードしなくなったりしてちょっとややこしくなりましたね。


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed