5月
15
2009

不況先生、ありがとう

失ってみて初めてわかること、凹んで初めて気づくこと。
まだまだいろいろなものが見えていない気がします。

不況になって初めて気づくこと、いろいろ学ぶものがあります。

http://www.soubunshu.com/article/119430945.html
宋 文洲さんの詩です。

恥ずかしいと感じた時、それは運命があなたを磨いている時。
寂しいと感じた時、それは運命があなたに期待している時。
貧しいと感じた時、それは運命があなたを豊かにしている時。
進歩を感じた時、それは運命があなたを奨励している時。
小さな友よ、信じよう、誰かがあなたとずっと一緒にいることを。

中国語だったら、韻を踏んで音楽のようなんでしょうか。一度見てみたいものです。

Written by in: 家族,起業 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed