Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/solisart/solisart.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 293
no-image

ベンチャー成功のポイントを読んで

自己実現をはかれる人の7 つのチェックポイントは非常に価値のあるブログですね。

ベンチャー企業を評価するポイントは事業内容や設立趣意ではなく、社長そのもので決めるのが8割から9割らしい。

社長を見る上での指針というか、自分なりの評価基準というものを設けるようになったのだそうだ。それは、一言で言えば「自己実現をはかれるかどうか」だそうである。

人間というのものの最大の欲求は、何でも「自己実現をはかること」らしい。そしてそのためには、さまざまな能力が要求されるのだけれど、最も重要なのは「自己をマネジメントする能力」なのだそうだ。自己をマネジメントする能力、あるいは感覚を持っている人は、自己実現をはかりやすい。そしてそういう人は、会社に対してもマネジメント能力を発揮しやすいのだそうである。

これは、逆の見方をすれば「問題解決能力を持っている」ということになるらしい。人は、人生においてさまざまな問題に直面する。そうした時に、自己実現をはかれる人は、マネジメント能力を発揮して、それらを解決していく。

翻って、ベンチャー企業も事業計画がそのまますんなり遂行されるケースはほとんどなく、当たり前のようにさまざまな問題に直面する。そうした時に求められるのは、何より「問題を解決する能力」なのだ。

そのチェックポイントは以下の7つになるそうだ。

自己実現をはかれる人の7 つのチェックポイント

その1「目標が明確か?」

目標が明確な人ほど、やるべきことを見つけやすいからだそうだ。そして問題の解決というのは、やるべきことさえ見つかれば、後はやるかどうかなのである

その2「利他的か?」

他者の協力を得られる人でないと、どんなに素晴らしい能力の持ち主だろうと、会社を切り盛りしていくのは難しい。違う言い方をすると、「他人に助けてもらえる人」じゃないと、さまざまな問題を解決することができないのだ。

その3「諦めることができるか?」

どんなベンチャー企業も、 途中で必ず壁に突き当たり、多かれ少なかれ事業内容の変更を余儀なくされるのだそうである。その時に重要なのが、変化に機敏に対応できる柔軟性なのだが、 こだわりが強すぎたり思い入れの強すぎる人は、得てしてそういう柔軟性を持ち得ずに、古いやり方に固執し、そのまま潰れていってしまうケースが多い

その4「日常生活を大切にしているか?」

規則正しい生活を送っているかどうかを、まず見るのだそうである。ものすごく分かりやすい例でいうと、仕事をするために徹夜をするような人はダメなのだそうだ。徹夜をするというのは、まず事業計画がしっかりできてなかった証拠であるし、さらにいえば効率の悪さに鈍感だということでもある。本当に効率的に考えられる人は、目の前に仕事が溜まっていても、一旦休息して体力や気力が充実してから取り組んだ方が、かえって早く片づくことを知っているからだ。

それに、日常生活を疎かにしている人――例えばつい楽しくて朝まで飲んでしまうような人、それも時折ならまだしも、それが連続するような人は、必ずどこかで破綻するのだということだった。

その5「今を生きているか?」

「今を生きているかどうか」というのは、「現実を直視できているかどうか」だということだった。

話しをした時に、過去の実績や経験ばかり語る人や、あるいはその逆に未来の夢や目標ばかり語るような人は、黄色信号が点るのだそうである。

特に過去を見ている人は、上に挙げた「諦められない」ことともつながり、目の前の問題を見て見ぬふりをするケースが多いのだそうである。そして、そういう人は一番質が悪く、彼らが経営する会社は、必ず潰れる

その6「時間の有限性を知っているか?」

時間というのは、言うまでもなく有限である。1日は、誰にでも平等に24時間しかない。だから、仕事で他者に先んじようと思った場合は、その24時間をどれだけ有効に使えたかどうか、つまり時間をマネジメントできたかどうかによって決まるのであって、決して夢や念や気力の多寡で決まったりはしない。

しかし、この時間の捉え方は人によってまちまちで、きっちりしている人はとてもきっちりしている反面、ルーズな人はどこまでもルーズなのだそうである。

そうして、一見明るくポジティブな人ほど、実はルーズな人が多いという傾向があるらしい。そういう人は、大言壮語とはまたちょっと違うが、聞いていると明るく前向きなことを臆面もなくポンポンと言うのだけれど、その言葉の裏づけに、きちんとした計画や根拠がない場合が多いのだそうである。そして厄介なことに、ベンチャー企業の社長には、この手のタイプがけっこう多いのだそうだ。

なぜなら、そういう耳あたりの良い言葉に引き寄せられて、けっこうな人や物や金が、その人に集まってくるからなのだそうである。一見ポジティブで明るいタイプのその人を、多くの人が信用したり、その人に賭けてみようと思うからなのだそうだ。

しかし、そういう人ほどリソースの配分とか効率的な事業計画とか現実を見つめることができてなくて、失敗するケースは多いということだった。

その7「自分を客観的に愛せているか?」

まず、自分を客観的に愛せる人というのは、自分の人生が思い通りにならないことを知っているから、きっちりと目標を明確にし、それを生きる上でのだいじな指針とする。

次に、自分を客観的に愛せる人は、人間は一人では生きていけないことを知っているから、他者をだいじにする。

また、自分を客観的に愛せる人は、文字通り自分を客観的に見ることができるから、問題に直面した際、こだわりを思いの外あっさりと諦めることができる。

さらに、自分を客観的に愛せる人は、自分を労る気持ちを持てるから、日常生活をだいじにする。

しかも、自分を客観的に愛せる人は、自分が今にしか生きていない(過去にも未来にも生きていない)ことを冷静に見つめられるから、勇気を持って現実と向き合うことができる。

そして、自分を客観的に愛せる人は、自分の時間(人生)が有限であることを知っているから、これをマネジメントして有効活用しようとするのだそうである。

http://d.hatena.ne.jp/aureliano/20090429/1241002788

自分の感想

起業してから、さまざまな失敗を重ねて、だんだんと上記のところに収束している感じです。
徹夜しても、その数時間はいいんだけれど、翌日からはかえって疲れが出て調子がでません。年をとると、翌々日くらいに影響が出てきますので、2日ぐらい損した感じ。
時間は有限です。徹夜すれば24時間あるよなと思ったり、週末をつぶせば時間があるよなと思ってしまうと、はまります。週末は疲れをとる時間、または家族と過ごす時間。結果的に自分を整理する時間になり、その時間で何かをやろうと思っても、意外に時間はありません。
1日でできることも知れています。その中で効率よくこなしていくことの大切さは大事でしょう。ある意味、人に仕事を振る。特に得意な人に仕事を振るということが出てくると思います。

「諦めることができるか?」はそのとおりですね。起業して思惑通りうまくいったというのは、まずありません。一方で、「目標が明確か?」というのはそれと相容れないものです。まず目標を明らかにして、それがうまくいかない場合は路線修正して、目標を見直し明確化する。そしてまた先へ進む。近い目標は絶えず修正するか、遠い目標をもって変えないか。

「利他的か」というのは、ビジネスの鉄則かもしれません。
いいものをつくればみんなのためになる、だからいいものを作ろうと思っていましたが、順番が逆なのかも。あるひとのためにいいものをつくる。そしたら自分の存在意義になる。そのひとの範囲を少しずつ広げたらいいのかな。

「自分を愛す」というのは実は一番苦手です。いつも自己嫌悪に陥っています。
息子を見ると自分の嫌なところを見ているようで、また自己嫌悪に陥っています。
息子を叱りつつ、自分を叱っている気がして。だから息子には叱られるようなことをしてほしくないのですが、毎日何度も注意をしなくてはいけない。人間ですから自己嫌悪で奈落の底に落とされるような気がします。

でも自分の身体を構成しているのは50兆の細胞でしたっけ。
同じ遺伝子を持っている細胞が、休まずに働いてくれているから自分という人格を維持してくれています。自分の人格というより、細胞たちに感謝です。