5月
02
2009

明治村はよかったよ

ゴールデンウィークの第一弾は、明治村へ行きました。

いつものように、娘が「ここへ行きたい」と言い出し、妻が「へーどんなところ、いいじゃん」と言って、息子が「まあいいか」とうな垂れ、いつの間にか私がドライバー兼荷物担ぎとして下調べをします。

当初はゴールデンウィークは飛騨の方へ行こうと行っていたのですが、連休中なので厳しいかもと思っていましたが、近場で正解でした。また明治村は予想以上によかったです。

入場料: 大人1600円 小中学生は土曜日無料 (乗り物代は別ですが、もったいないので乗りませんでした)

ゆうちょくらぶというのを妻が持っており、それで200円ずつ割引してもらいました。

駐車場代: 800円

名古屋からは国道41号線で北上して、犬山あたりで東に向かいます。自宅から1時間ちょっと30kmぐらいの距離でした。

帝国ホテル玄関

帝国ホテル玄関

聖ザビエル大聖堂でのコンサート

聖ザビエル大聖堂コンサート

レンガ通りを望む

レンガ通り

日露戦争後のポーツマス条約締結文書

日露戦争後のポーツマス条約締結文書

学校での遠足以来のほぼ30年ぶりの明治村でしたので、新鮮でした。
建物も増えていましたね。1丁目から5丁目まであり、とても広くて1日で回りきれませんでした。

妻は日本の歴史に興味がどれだけあるかわかりませんが、娘は喜んでいました。息子はSLが乗れてよかったみたいです。

地方のテーマパークはうまくいっていないところが多いと聞きます。ディズニーランドやユニバーサルスタジオを除けば、赤字のところが多いのではないでしょうか。明治村も今回行って、あと1度くらい行けば十分かなと思います。

テーマパークだけでなく、企業もうまくいくかどうかは、どれだけリピーターがいるか、どれだけファンになってもらっているかだと思います。そういう意味では、明治村も地道になっているし、どのテーマパークもファンを増やそうと一生懸命だと思います。

明治村にある建造物それ自身はハードとして魅力はありますが、一巡すれば魅力が薄れます。いろいろな企画を考えるソフト的なものは大事です。でも探検というのは、直接明治と関係が薄いなと感じます。やはり明治時代の生活を服を着るだけでなく、食事をしてお泊りをするようなことはもちろん、時代の風潮を感じることができるといいなと思います。

明治の上辺だけでの体験ではなく、文明開化や富国列強とか、日露戦争までの当時のトップの考えや国民の気持ちなどを、考えてみるということが大事だと思います。

実現は難しいのですが、そんなことが体験できると、もっと魅力的なものになると思います。

でも今から40年以上前に、昔の建物を残しておこうという考えは英断だったなと思います。もしそうしなかったら、写真ぐらいしか残っていなかったんですものね。

Written by in: 家族 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed