4月
03
2009

公務員の方、ご同情申し上げます

国民年金と国民健康保険の案内が来た。

年に1回の通知だととても高く感じます。

景気減退の中、支払えない人も多いのではと思います。
私も支払えるかどうか、自信がありません。

今日は国民健康保険を少しでも減らしてもらおうと減免申請で区役所へ行ってきました。
世の中いらいらしている人が多いようで、あっちこっちで声を荒げている人がいました。
生活保護支給の件や、健康保険、国民年金のことかもしれません。

公務員の人は、訴えを聞くしかありません。
自分の責任でないし、自分の判断で決定することもできない。
ただ耳を傾けなければいけません。

「ばかやろー」と言っていた人は怒って去っていこうとしていましたが、「手続きはどうされますか?」と念を押さねばなりません。辛そう。

同情申し上げます。

会社はお客さんを選ぶことができます。お客さんも会社を選ぶことができます。
だけど公務員は市民を選ぶことができません。あんなうるさいやつの話は聞いてあげない、あんな貧乏人の面倒なんかみるかよとは、口が裂けても言えません。一定額の税金を払っていたらVIPルームでやさしく応接、税金が少なかったら門前払いなんていえませんね。

特にこんなご時世でも、公務員の方は一定額の収入保障があるので、民間人にとっては羨望とやっかみで矢面に立たされて大変です。

国民年金は将来の備え、国民年金は今の備え。両方ともセーフティネットの制度だよね。

年金生活者になったら死ぬということにして、国民年金を支払うのは免除してもらえないかな。病気や怪我したら死ぬということにして、やはり免除してもらえないかな。

昔はそうだったから今の制度ができたと思うけれど、結局は誰かが払うもの。

税金というもので直接払わなくてよいか、お金を持っている人が代わりに払うシステム。

バランスが問題なんだけれど、そのバランスを決めるのは人によって意見がまちまちで難しい。

さてどうやって年金や健康保険の費用を払っていくかを考えているときに、妻から「公立高校って、平均月に43000円ぐらいだって。」

「えーーー、私のときは授業料が1万円ぐらいだった。30年前か。」

物価って30年前と、倍になったものもあるけれどほとんど変わっていない気がするんです。給料だって20年前とさほど変わらないか、かえって下がっている気がする。

しかも私立は倍。大学どころか高校へ通わせるのも大変です。

起業は家族がいたらできませんねぇ。私の場合は微妙な条件ですけれども。
それに一人で死ぬこともできません。死んだら残された家族はつらすぎます。

Written by in: 未分類 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed