3月
03
2009

安易にカルトに賛同するのは残念

Slashdot.jpの書き込みからの引用です

iPhone用ゲームを買ってシーシェパードへ寄付しよう?

Oh-MissSpellの日記 曰くiTunes Store内で売られているiPhone/iPod touch用ゲーム「SlotZ Racing」「Flick Sports Fishing」の開発者が、日本国内での売上をシーシェパードに寄付すると語ったそうです。(pocketgamerの記事

これを受けてiTunes Music Storeでの同ゲームのレビューに、数多くの否定的なコメントが書かれています。「SlotZ Racing」はなかなかよくできたレースゲームでしたが、このような政治的/宗教的な事項が絡んでくるのはとても残念でなりません。

シーシェパードの主張や、欧米人が鯨やイルカが知能が高いからと、大事に思う気持ちはわかる。でも、シーシェパードは日本の捕鯨船に体当たりしたりして相手に害を与えても止めさせると手段をとる団体で、彼らの行動は常軌を逸していると思う。カルトだよね。

私自身も、鯨やイルカを好き好んで食べたいと思わない。
だけど、自分の考えを相手に押し付けるために何でもしていいとは思えない。

海外の反応は、シーシェパードに同情的で鯨やイルカを食べることすら許せないという感情論が多い感じである。

http://labaq.com/archives/51165031.html

実はこの感情的なことが問題で、相手の持っているものを無視して自分の価値観を押し付けるということは、本当に何の解決にもならない。

私自身も若いときに良くやった間違いだった。コンサルタント時代は、言うことに説得力があり、正論であり、それで相手に言い負かせたことがある。あとで、相手の感情を害したことで協力を得られなかったり、相手の背負っているものを壊してしまったり、それ以上話が発展しなかったりして、結果的によくならなかった。正論であればかえって、相手を傷つけてしまうことすらある。

「鯨やイルカを食べるな。彼らは知能が高い生き物であるから。」というのは正論である。

だからこそ、捕鯨をしている人たちを傷つけてしまうんだ。傷つけない方法を一緒に考えて欲しい。捕鯨をしなくても生き残れる方法、捕鯨をしなくても文化を残す方法。捕鯨をしなくなることで鯨が増えすぎてしまうことへの対応策。

ブログでは政治的な主張や宗教的な主張を強くしていると、反感を買うといわれる。たぶんそれには正解はないし、仮に正解だとしても感情的に同意を得られない。

その中で共通の利点や解決法を考えて、一歩ずつ歩みよる時代ではないだろうか?

当たり前のことなんだけれど、なかなか大人になれないなぁ

今日の教訓

  • 何か言う前に、相手のことや背景を考えよう。
Written by in: 未分類 |

2 Comments »

  • hebipaku より:

    シーシェパードの問題点は、
    彼らが、その活動で飯を喰うプロだということです。
    彼らの目的は仕事の継続であり、収入源としての活動資金です。
    日本が南氷洋の調査捕鯨を止めたら、一番困るのは彼らですよ。
    鯨はおいしいです。たぶん僕は日本人の中でも海洋の民の血を多く受け継いでいるのだと思います。
    遊牧の民が、羊の味に脳に刻み込まれたDNAの記憶を呼び起こされるように、海洋の民は、海洋哺乳類にそのルーツを感じます。

  • ohashi より:

    hebipaku 引用::

    シーシェパードの問題点は、
    彼らが、その活動で飯を喰うプロだということです。
    彼らの目的は仕事の継続であり、収入源としての活動資金です。
    日本が南氷洋の調査捕鯨を止めたら、一番困るのは彼らですよ。
    鯨はおいしいです。たぶん僕は日本人の中でも海洋の民の血を多く受け継いでいるのだと思います。
    遊牧の民が、羊の味に脳に刻み込まれたDNAの記憶を呼び起こされるように、海洋の民は、海洋哺乳類にそのルーツを感じます。

    hebipakuさん、コメントをありがとうございます。
    なるほど、主義主張もありますがそれで飯を喰っているプロですか。政治家あるいは職業的なテロリストのようなものですね。

    善意の第三者がそれを支持し寄付するので、彼らがエスカレートした行動に出るのでしょうね。

    面白いページを見つけました。

    イルカの肉についてや軍用イルカについて書かれています。

    http://www.irukashow.com/human/food.html


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed