2月
07
2009

新しいビジネス

このところ周りで、「不景気だ、仕事がない」という話が多い。

コンピューターを使って新しいことを実現していくのがミッションだと考えているのだが、世の中が後ろ向きになっていて「新しいこと」と叫んでも、聞いてもらえる余裕がない気がする。

そうなれば、リストラビジネスをやるしかない。

今まで100万円かかっていたところを50万円にする方法、10万円かかっていたところを5万円にする方法を考える。お金をかけずに経費が安くなるんだったら、喜んでもらえるかな。

しかし実際には、コンピュータ関連のコストは安くなってきているのでもうあまり安くなる余地はないような気がする。残るは人件費なんだよね。まあいいか。

それで今からやろうとしているビジネスを検討してみる。

メールシステム

メールはGoogle Appsを使う。50人までだったら無料で、ウィルススパムを排除してくれる。大企業でもサブドメインをたくさんつくって対応。たとえば100個のサブドメインを作れば、50*100 = 5000人までOK。Google がこれを認めるかどうかはやってみないとわからない。

ただ最初の手間がかかるし50人まではスケジュールの交換は簡単にできるが、サブドメインをまたいだ情報の共有は設定が面倒になる。部署内が50人以内ならば、ありかもしれない。

Webシステム

先日ブログで紹介した、$5/月のサービスが開始されたのでいじり始めています。レスポンスも悪くないのでこれでいいかもという気になってきた。

OCNやお名前.comなどの大手のサービスは信用があるが高すぎる。その信用度とのトレードオフを考えてみれば、選択肢がたくさんあるのではと思います。

グループウェア

Google Appsについている、カレンダーとWiki(Google Sites)を使えばたいていのことは企業間のグループウェアとして、役に立つと思う。

サイボウズは歴史があってとてもいい。私の未踏ソフトウェア創造事業のPMもサイボウズを作った畑さんで悪いことは言えないが、、、、ライセンス料金が高い。

それならば、サイボウズとほぼ同じ機能がある、GroupSessionはどうだろうか。

Java Servletで作られているのでレスポンスがいいそうだが、どうだろうか?

でも誰もが考えそうなことでは、駄目なんだよね。

本音を言えば、なかなか信用を得るのは難しいから新しい仕事へつなぐとっかかりと考えているんです。Google Appsのパートナー企業の希望を出してみたんだけれど、個人だとだめかな。

もうひとひねり、考えてみないと。

それよりも、何でもできることをやるしかないかな。こんな時代だからね。

Written by in: ビジネス,起業 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed