1月
22
2009

テレビのない生活

石油ファンヒーターは、このところ少し調子がいい。

妻がタイミングよく電源を入れると、そのまま動いている。下手にオフすると2度と着火できなくなるから小まめに消すことはしない。

でも、テレビはとうとうだめになったようだ。

オレンジ色のLEDの点滅が止まらなくなった。
日曜日の昼にイオンのコールセンターに電話。
火曜日の午後6時に担当部署より電話があって、「ワイド保証に加入していることを確認したから、明日メーカーより電話をさせます。」

翌日の水曜日午前11時、メーカーより電話。

「LEDの点滅は、電源プラグをぬいてから再接続した後も同じように点滅していますでしょうか?」

「はい、何度やっても同じです。」

「わかりました。こちらにお送りいただくことになります。2つ方法があります。1つは、空箱をお送りしますから、その空箱にテレビを入れて着払いでお送りいただく。2つめは、宅配便業者に梱包をお願いしますから、お客様は何もされなくても結構です。どちらになさいますか?」

「1つめと2つめでは、かかる時間が異なるのでしょうか?」

「2つ目は業者に依頼するため、3日ほど余分にかかるかもしれません。」

「わかりました。空箱にしてください。送り返していただくまで、トータルで何日かかりますか?」

「10日ほどです。でもいま修理品が多いので、もう少し時間がかかるかもしれません。そのときはお電話を差し上げます。」

結局、空箱を送ってもらうことになった。
引っ越したので新しい住所も伝えた。ちょっと人がよすぎたかな。。。

2週間ほどテレビのない生活をすることになります。

私はあまり不自由は感じない。
ニュースは、KeyHoleTVを使ってみることにします。
http://www.v2p.jp/video/
P2P型の動画配信ソフトで、誰かがテレビなどを流してくれればテレビを見ることができます。ワンセグと同じくらいかな。P2P型なので最初の動画を流す人の負荷は少ないけれど、インターネットが混雑すれば遅くなります。

妻は自分のパソコンで、YouTubeを覚えました。
YouTubeでフィリピンの番組を検索して見ています。
古い映画やドラマが多いけれど、たくさんの人がアップしてくれているみたいです。

娘と息子は、ドラマやアニメ、Wiiのゲームなどができないのが不満なようですが、それぞれパソコンがインターネットにつながっていますので、なんとかなるでしょうね。

ひとつ心配ないのは、DVDレコーダーの容量がいっぱいになってしまうことですかね。

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed