1月
09
2009

営業見習いの1日

午前中は、前日にお客さんに言われた商品サービスのちらしをつくる。

原案は頭の中にあるし、他の会社のホームページを印刷したものを用意したけれど、それでは自分が何を売りたいのかはっきりしない。

やはり、お客さんに最適なものを用意しないといけない。
それで、しこしことつくる。OpenOffice3.0のDrawを使う。

ワープロやExcelよりも、自由に配置できるのがいいんだよね。
思えば20年くらい前は、MacDraw IIというソフトでしこしこ作ったよなぁ。
私自身がMacUserだったから、上司と一緒によく作った。
絵を描くよりも、自分の思いをデザインするのが面白かった。

日本のロータスノーツの元社長で吸収合併後はIBMの偉い人になり、さらにSAPジャパンのもっと偉い人になった、安田誠さんに怒られながらもつくったけ。
(外こもりのタイでなくなった人の方が有名かもしれませんが、別人です)
実は安田さんは凝り性の人で、まだクリップアートがあまりない時代に、アンダーセンコンサルティング社内用のクリップアートを量産してくれて、それをみんなが共有して使っていたんです。

DOSパソコンや、サーバー、AS/400, メインフレーム、ルーターなど100種類ぐらいの図形をほとんど長方形と直線の組み合わせだけで作ってくれたんです。

そのおかげで、まだ高価だったMacを10台とレーザープリンター(当時150万円)を会社で買って、コンサルティング会社のデザインセンターが作られたんです。デザイナーは一人もいないんですが。

私もプログラム作りよりはそこで配布資料やプレゼン資料などの作成のお手伝いをしたものでした。

話が飛びました。

ちらしはまだ修正があると思うのでまだ公開できないですが、
何ヶ所に見てもらうことにしました。

それから午後は、ドニチエコきっぷを利用して営業回り。

1件目は

運営堂の森野さん
http://www.uneidou.com/

ホームページ制作のコーディネートをしているといったほうがいいのかなと思います。自社でもホームページ制作をしているのですが、お客さんとデザイナーやプログラマーの橋渡しをしているといってもいいかもしれません。

たぶんポジションとしては、私に一番近いのかなと思います。
でもそこは競合よりは協調して、お互いのメリットを探ったほうがいいですね。

事務所が新しくなり久しぶりにお会いしたので、じっくりお話しさせていただきました。お客さんはまったく異なるのですが、繋がるところがいくつか見つかりました。

おぉぉお、こうやって共通点を見つけ、課題を洗い出していくんですね。

ぱっとひらめいて、同じような課題をもつ会社へ電話をして、要件をもう一回尋ねて急遽いくことになりました。

競合ではなく、みんなの困っていることを解決するように努力すると、胸をひらいてくれるんだなぁと納得。

自分ができるかどうかわからないけれど、要件と仕様をできるだけ早くまとめてみようと思います。それができればいくつかの自分の問題も解決できるかも....

それで、再びドニチエコ切符を活用し、地下鉄に乗って電話をかけたお客さんの元へ。

そしてその話を聞いて、会社へ戻ってメールを読んで返事を書いたりします。
他にも用事ができたので、会社には10分ぐらいだけで、また外出で直帰ということになりました。

営業に回った後で、仕様書と資料を1つずつ作らなくてはいけなくなりました。でも案件に結びつくかもしれないので、楽しいです。

本当は運営堂の後に、飛び込みで2件回ろうと思ったんだけれど、急遽案件が詰まってきました。

ううん、ハプニング!!! いやぁ営業って本当にいいですね(水野晴男風に)

まだ営業の怖さを知らない素人ですから、お許しください。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed