11月
29
2008

[本]かしこい経営者だけが使っている7つの数字


かしこい経営者だけが使っている7つの数字

Amazonで購入
書評/ビジネス

中小企業(30人以下)において、簡易な管理会計を行うことを勧めている本といったらいいでしょうか。

飲食業や小売業という小規模な会社の社長に、「儲かっているはずなんだけど、お金がない」というのはどうしてか、どうすればいいのかということについて、原因の一つとその対応策を示しています。

飲食業や小売業を実際にやった経験はないけれど、業務のことは自信があるけれど経営について数字を追っていくのは苦手ではないだろうか。それが著者のシンプルな方法でできるようになれば、いくつかの問題は解消されるかもしれません。

私はITによる支援をする立場ですが、この本の行間を掴んでソフトを作って提供したり、そのための支援をするようなビジネスもできるのではないかと思います。

管理会計という言葉は少し変ですよね。英語ではmanagement accountingという。managementという言葉は管理じゃなくて、経営や監督という言葉にしてほしいと思います。

管理会計はご存じの方がいらっしゃると思いますが、会社が税金を払う義務として発生する税務会計とは違って、会社として事業がうまく回っているかどうかをみるための会計です。

税務会計はたくさんのパッケージソフトやサービスがあるかと思いますが、管理会計ソフトを使って、大手や中堅企業は管理会計を見ているところは多いと思いますが、中小企業はまだまだかもしれません。

ソフトを使うということは会社によって指標や視点が異なるかもしれません。それを調べていくのはソフトを自由自在に扱うことも考えると難しいところがありますが、できるだけ簡単に紙の上でもできるようにするというところが、わかりやすくていいと思いました。

著者がいうには、会社としてうまくいっている会社は、社長はきちんと会社や業務の数字を把握しているそうです。

原価計算で材料費や人件費などの割合や、在庫の遷移などを把握していて、去年の同じ日と比べてどうなのか、他の店舗と比べてどうなのかを見ています。

そういった数字を比較して「あれ?ちょっとおかしい。」と感じて、原因を探ります。店舗の店長や従業員にいくつか質問をして答えを見つけ、すぐ対処します。

場所や天気や曜日によって売り上げは違いますが、それぞれの割合などは変わりません。割合が異なるとしても、別の指標を見て判断します。

それを、だれでもわかりやすくするために、著者は7つの指標を提示して、紙かExcelの表で記入していくことから始めてはどうかという提案をしています。

どんぶり勘定になってしまってはうまくいかない原因もわかりません。

とりあえず試してみようという気にはなると思います。

私はそのソフトでも作ろうかな...

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed