11月
07
2008

ペラモがうれるといいな

トヨタは1兆円の減益だそうですね。
愛知県はトヨタを中心とした製造業で成り立っているところがあるので大打撃ですね。そのしわ寄せが、じわじわとやってきます。

うまく乗り切れるといいのですが。
製造業だけでなく、他の分野も力を入れてください>愛知県
そして力をいれましょう>みなさん

お客さんの打ち合わせの後で、昨年前でいたあいちベンチャーハウスというインキュベーター施設に寄ってきました。

アポなしでぶらっと立ち寄ったのですが、お邪魔でなかったでしょうか。

いつもブログでコメントを寄せていただているkossyさんは不在でしたが、
1人でソフトを作っている株式会社フォルムソフトの藤田さんとじっくり話してきました。

起業をするに際しての注意点はいろいろあるのですが、その中でも一番の問題は「1人でやっていること」でしょうか。

何かアイディアがあって始めた起業ですので、一人で始めるケースも多いと思います。それでも1年ぐらいで合流するのがいいような気がします。一人でやっていると精神的に辛くもなるし、無駄な動きをするような気がします。

川に流れる木が、川岸のそばの渦の流れでぐるぐる回っている感じでしょうか。多人数だと、勢いよく川岸にぶつかるかもしれませんし、うまく流れに乗って勢いよくいけるかもしれません。でも端の渦よりましでしょ。

それにある本で書かれていましたが、起業のときに最初に考えたビジネスモデルはたいてい失敗するそうです。自分本位で周りが見えないからだそうで、お客さんとのやり取りからきっかけが見つかるそうです。

一人だと自分本位の考えから、見方を変えることはなかなかできないようです。
「それは違うよ」と言ってくれる人がいたり、他の人の意見を聞いてそれを冷静に汲む機会が必要な気がします。

藤田さんとはプログラミングの分野は違いますが、優秀なプログラマーだと思います。そして奥様とお子さんもいらっしゃいます。私と同じような境遇ですので気になっていて、退出時に冷蔵庫や本棚を差し上げてきました。

直接的に協力できることは少ないのですが、陰ながら応援しています。

彼がつくっているソフトの新しいバージョン、「ペラモ2」がリリースされると聞きました。
地道にいいものをつくっていると思います。彼の持っている才能を役立てるような分野はないでしょうかね。

彼は本当は曲線のモデリングを作りたいと言っていました。たとえば、フィギュアの設計図のようなものですね。しかし紙に出力することを考えるとペーパークラフトしか今のところ考えがおよばないそうです。
製造工程で3次元のものが簡単にできるようなしくみ(3Dプリンターのような)があれば彼のソフトと結び付けることができるのではないかと思います。


http://www.formesoft.com/

冗談を交えながら、ざっくばらんにソフトのことやビジネスについて話してしまって2時間以上もお邪魔してしまいました。

うまくいくことを祈っています。

またペラモは柔軟に変化対応すると思いますので、何かつながりそうなことがあったら彼に連絡をしていただけるといいなと思います。

Written by in: 楽天日記 | タグ: ,

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed