10月
31
2008

機関投資家の空売りは詐欺じゃん

空売りっていうのは、株を売買する一つの方法です。
今証券会社に株を持っている人から株を借りて、最初に売ります。そして6か月以内に株を買って持ち主に返すような、普通とは逆の手順に行います。

ただ、その株を借りている間の借り賃を払いますので、その分費用がかかります。
また株を借りようとしてもその株が少ないときは、借りている間は借り賃+アルファを払わないといけません。それを逆日歩といいます。

同じ証券会社で貸し借りできないときは、証券会社どおしの取引が必要です。

私も株のことはまだまだ不勉強なのですが、

機関投資家の空売りは、株がなくてもできたというんです!

それって、株のノミ行為じゃないの!?

そういえば、ジェイコムの事件だって、1株60万円を60万株1円で売り注文を出したんだよね。

そんなに株が出回っていないのにできてしまうこと自体、空売りだよね。

実際に市場に流通する株数以上に株が出回っていたりしました。
同じ株を1日に何度も売買すればありえないことではないけれど、実際に流通する株は市場にある株の数分の1でそれが数回も売ったり買ったりすること自体が常識から外れていました。行き過ぎていたかもしれません。

機関投資家も一般投資家と同じルールでやってください。
それにノミ行為はいかんでしょ。
そういう意味でも、機関投資家の無限株数での売買の禁止は理にかなっています。

銀行だって、僕らが100万円預けたらそれを数倍の運用をするものね。A社に100万円貸し付けて、自分の銀行の口座に数十万円預けさせ、その貯金からまたB社に数十万貸して、また口座に数十万円預けさせ、それをまたC社に貸すというような。

A社が破たんをきたすと、B社、C社の口座に影響が出てくるから、、、
それで自己資本比率というので、それを無限にさせるのを止めたのだから。

(違っているかな?)

いままで以上だったんだよね。サブプライムもCDSも、REIT(不動産投資信託)も制限なしにしかも責任の所在がはっきりしないから、信用不安を招いたんだよね。

責任者でてこーい!

不動産にも資産を分散しようかなって、REITにちょっと色気を示していたんだが、REITをやらなくてよかった。

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed