10月
29
2008

がんばれソフトバンク、孫正義

えーーと、私もソフトバンクの株を信用買いしていまして、今回の株価暴落では生傷が絶えない状態ですが、どうしちゃったんだろうと思います。

ここ数日ストップ安が続いていまして、その原因はソフトバンクが多額の借金を前提に企業を運営しているというところが不安視されているようです。

かつてダイエーは借金を前提に店舗展開をしてきましたが、イトーヨーカドーは借金をせずにゆっくりと着実に店舗展開をしました。借金をしながら拡大していると、何かでこけると怖いわけです。
そういうところから株価が下げているかもしれません。

ちょっと気になるのは、
ここぞとばかりと、韓国人だとか朝鮮人とかハゲとか放送禁止用語をたくさんネットで悪口を言われています。でも私は応援しています。会ったことはないので人間性がどうかという話はしませんが、彼が日本経済に果たした役割は大きいのではないかと思います。

日本の硬直した組織に、がつんとぶつかって風穴を開けてきたところは、よかったんじゃないでしょうか。

郵政省に灯油を持ち込んで「参入を認めないならばここで死ぬ」という逸話も、ADSLを低価格の競争に持ち込んで世界で一番安くしたことも、他にも良きことも悪しきこともあるかもしれませんが、たぶん世界で認められている実業家の一人だと思います。

リーダーの語源は『人の前に立って先に死ぬこと』だそうです。

命かけて事業に取り組んでいるのはどれだけいますか?
中小企業の親父は生命保険をかけて借金まみれで、毎日金策に回ってがんばっていますが、大企業の社長にそんな人はいますかね。

たぶん郵政省にどなりこんでいったときも、命をかけていたんではないですかね。それで仕事に命をかけていない郵政省のお役人は、たじたじになってしまったのではと思います。

明日の16時半から行われる、中間決算発表もオンデマンドなどで積極的にやるし、明後日はソフトバンクテレコムで冬季商品の発表や新サービスの発表もあるから、、、、そんなに悪い状態なのかな。

iPhoneについても日本の売り上げは今のところはまだまだだけれど、AT&Tやアップルの決算は良かったし、これからじわじわとスマートフォンへ移る人が増えてくると思うんだけれど。

いや重さ1.1Kgのノートパソコンを持ち歩いていると、小さなスマートフォンが欲しいと思うときがある。昔、Palmと携帯をいつも持っていたときやはり1つにしたいなと思っていた。さらにMP3プレーヤーも別にもつというのも嫌だった。

そう考えるのが、市場の中で少数派だとは意識しているが、少しずつ市場が伸びてくると予想している。携帯は電話とカメラとメールだけでなく、もっとユーザーエクスペリエンスが増えるはずだと思うし、そうあるべきだと思う。

ソフトバンクの株も購入当初の1/3以下になりました。
例え0になったとしても全体の損からしてもあと1/3だけですから、まあここまできたら最後まで耐えますよ。

Written by in: 楽天日記 | タグ: ,

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed