10月
12
2008

大恐慌は起こらない(と思う)

サブプライム問題は昨年末ごろからわかっていました。
北京オリンピックぐらいまでは、中国の経済は持つけれども、それ以降は厳しいかもしれない。

と言っていたのに、私も含めて多くの人は株で損をしました。

ツカサのウィークリーマンションの事業を手掛けていた川又社長が言っていました。
「バブルはおかしいと思っていた。でも自分だけは対策もしていたし大丈夫だと思っていた。でも、バブル崩壊で貸し渋りに自分が巻き込まれると思っていなかった。」

私も、ちょっとおかしいなそろそろ手放そうかと思っていたのですが、手持ちの株が思ったほどの値段をつけていなかったので手放すことができませんでした。もし手放したとしても、また買っていたかもしれませんね。

1月に損したときの教訓から、多少余裕の資金を持ちながら信用取引をしていましたが、まさかここまで下がるとは思っていませんでした。なんとか株を売らずに堪えていこうと思います。ただ、さらに半分になった場合(日経平均4000円)は厳しいですが、まあそうなったら日経平均が0になるのも損失程度では大した違いはないですかね。。。。

1929年に起きた世界恐慌を見直してみたら間違った認識をもっていたようです。
株が引き金ではないようですね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/世界恐慌

オーストリアの銀行閉鎖がきっかけで、そのあとドイツの銀行閉鎖などが連鎖的に広がったという見解です。

それで信用収縮が広がり、世界中に波及しました。
国の資本注入などで信用収縮が留まればいいのですが、そうでないと止まらないかもしれません。

そして植民地を持っていた国は余裕があるのでなんとかしのいだが、植民地のなかったドイツ・イタリア・日本が全体主義に走っていったということです。

信用があり情報が生き届いているところはなんとかなりますが、情報に不透明があるところは要注意かもしれません。

でもかつてのときと違って、インターネットで国境を越えて情報が入る時代です。世界中では限定的に閉鎖されているところもありますが、それでも携帯の電波が国境から届くこともあります。

たぶん、今回のことは持ち直すと思っています。

私は先物やオプションなどは経済の安定化のために必要だと思います。
ただレバレッジの度合いをある程度抑えないと、個々の破産だけではすまなくなります。
今回の破綻の連鎖は、どうやらドミノ倒しのように起きた可能性があるので、資本注入と同時に、レバレッジの一定の制限が必要になるでしょう。

そうしないとまた今回と同じようなことが起きるでしょうね。

さて個人的には株よりも、経済の信用低下の方が心配です。
ビジネスとしてどうやって稼いでいくか、、、うーん。

もう自分の自由を抑えて、お金を稼ぎにいかないといけないときかもしれません。

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed