9月
13
2008

プログラミングをずっとしていて疲れた

コンピューターの仕事をずっと続けているけれど、実はあまりプログラミングを実業としてきたことはほとんどなかった。

問題を解いたりすることが性にあっている(数学科へ進学するほど)ので、プログラミングは向いている。ただ飽き性なので、やったことはないけれど大規模な開発で仕様書を渡されてプログラムを作れと言われたら、発狂してしまうかもしれない。

同じプログラミングはしたくない。

でも結局物忘れをして、いつの間にか同じようなプログラムを書いていることもある。????結局そうやって自分をだまして仕事を続けているのだろうか。

このブログは関係者が読んでいることもあるので、本音を書くと差しさわりがあるかもしれない。だけどプロとして仕事をしている以上、気は進まないけれど約束した仕事はきちんとやる。

でも最近、、、、、プログラマーの仕事はもういいかな、という気になってきた。

数年前の仕事でマネージャーから自分でプログラムを作ることになって、意外に面白いことがわかった。
それ以来、未踏までのプログラミングは、自分がやりたいことを決めてやってきた。プログラミングについてはC, C++の文法や考え方は知っていても、実は素人です。仕事にプログラミングは重ならなかったので、、趣味を超えることはなかった。

ここ数年、お客さんのためにソフトをつくってきました。
当り前のことかもしれないが、実際にはさほど楽しいわけではない。
仕事になってしまうとやっぱり面白いものではないかもしれない。
(どんなことでも仕事になると面白くないのと一緒かな。)

それをなんとかするために、仕事の中で少しでも楽しいなと感じることを見つけて、それを動機付けにしている。

動機づけがうまくいかないと、義務感でやり遂げようとする。

20代のときは責任感とかあまり感じずに気が乗るか乗らないかという区別で仕事をやってきた。ただ40代になると、相手の期待する顔や事情などが見えてしまうので、自分の感情を抑えて、相手のためになることをしようと思う。

原点に戻って、なぜプログラミングをするかと言われれば、エンパワーのため。
経理をする人がExcelを使って、数字を自由自在に操るように、自分のやりたいことを自動化したり手間を減らすためだったりするのが目的。

インターネット前は図書館や人と会って情報を集めていたものが、インターネットでかなり集めることができるようになった。Googleの検索エンジンがさらに拍車をかけた。

遠くへ行くのに自転車を使う、あるいは車を使う。
そんなのとあまり変わりはないかも。

そうはいっても、自転車や車そのものに興味を持つ人がいるように、
コンピューターそのものも、人間の脳と同じく興味ある。

いかん、どうも連日プログラミングをしてきて疲れたようだ。
週末は本でも読もうっと。

知人に、SPYSEEというサイトを教えてもらった。
http://spysee.jp/

ある人物のWikipediaを作るようなんですが、情報はインターネットから自動的に探してあぶりだします。
http://spysee.jp/麻生太郎

未踏ではこれと同じようなことを汎用的にやりたかったんだけれど、、、、ちょっと汎用的すぎてぽしゃったかな。
SPYSEEとはちょっと違うんだけれど、ある人物の履歴書というのをネットで検索して作りたかったから、具体的にやってみようかな。。。。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed