8月
27
2008

山師

カンブリア宮殿、ガイアの夜明けという番組もネタが切れ始めてきて、食傷気味です。だから、夕食をとりながら見ています。

今日は山師のおっちゃんでどうかと思いましたが、きらりとひかるものはありました。

「右手にそろばん、左手に浪漫、背中に我慢」

経営者はそのとおりですよね。その3つのバランスで成り立っていると思います。
私は暗算は得意ですが、そろばん勘定が苦手で経費節減しかアイディアは出てきません。お客さまからできるだけ高いお金をいただくこと、そしてそれを活きた金にすることは、未熟です。
このところ、我慢ばっかりです。

「社員を毎年1人はクビにしていく。実質、毎年2?3人辞めていく。大企業病防止のため」

これは経営者にとって理想だけれど、実際は難しい気がします。

商社や営業だから、各人の売上金額が出ますが、総務などのバックオフィス、またはチームで仕事をしている場合は出てきません。
また一時的に無理をして売り上げを上げて、後でそれ以上の損害を出してしまうということにもなりかねません。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed