8月
26
2008

長いものに巻かれるのは楽か…

RPGゲームをクリアした。
20時間以上かけてクリアしたらしい。
途中で飽きたりして、テレビを見ながら、攻略ページを見ながらやったよ。
43歳のいい大人が。

でも、やったあとはなんかすっきりしないんだよなぁ。

定番のRPGで、キャラクターがきれいで音楽も素晴らしくゲームバランスがいい。売れた理由はわかるような気がする。
ただ、やらされたという感じが否めない。
あらかじめストーリーのわかっているゲームで、一生懸命に敵と戦い、何度も死んで生き返り、最後はラスボスをやっつけて世界に平和が訪れる。

実際の人生も、一生懸命にやって苦労して地位をつかんで「やったおれの人生はうまくいった」と思って、、、、

               死んで行くのは、

果たしてそれでよかったのだろうか?

なんてことを、また考え直してしまった。
先日の哲学書の影響。


男のための自分探し

Amazonで購入
書評/ライフスタイル

 

 

Amazonで購入
書評/ライフスタイル

この本では、ほとんどの人は惰性で生きているという。
惰性でいる間は時間が過ぎるのがあっという間。
テレビや映画やゲームなど受身のときは時間が過ぎるのが早い。

試行錯誤で自分で必死に取り組んでいるときは、時間がとても長く感じる。
毎日、プログラミングをしていたり、ビジネスの戦略や企画を考えるととても時間が長い。そして疲れる。

どうせなら、大変だけど、後者の方がいいや。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed